【画像】鳥山明が描いた超サイヤ人ゴッドが逸品

キタ――♪ o(゚∀゚o) (o゚∀゚o) (o゚∀゚)o キタ――♪

masaomosa さん

2228 PV

超サイヤ人ゴッド

映画「ドラゴンボールZ 神と神」に登場する超サイヤ人の新境地。
 伝説の中の伝説。千年に一人現れるという伝説の超サイヤ人には、さらなる伝説が隠されていた!? 全宇宙規模の破壊神ビルスに対抗しうる、もう一人の「神」こそが超サイヤ人ゴッドなのか…?
 略称は「超ゴッド」「SSゴッド」「SSJゴッド」。あるいはさらに略して「超G」「SSG」「SSJG」、または「超神」「SS神」「SSJ神」など?

超サイヤ人ゴッドのデザイン

 「破壊神」および「超サイヤ人ゴッド」のアイディア自体はアニメスタッフ(脚本家)によるもの。それがやたら暗い世界観だったため、鳥山明がもっと明るい子供向けの作品として修正していったという。
 超サイヤ人ゴッドのデザインも同じような流れで行われた。
 作画監督・山室直儀による初期デザインでは、髪型は超3と超4の中間に近く、マントも着けたいかついスタイルだったというが、鳥山明が手直しする形で新規デザイン。派手にパワーアップさせてきた超サイヤ人3とは反対に、ゴッドは極限まで削ぎ落とす方向で作っていたと述べている。
 鳥山明が超サイヤ人ゴッドのアイディアをアニメスタッフから聞いた時、「ゴッドって大げさだなあ」と感じたらしい。その思いが、ウイスの「大げさなネーミング、かえって安っぽい」という台詞に表れているかのようだ。

超サイヤ人ゴッドについて真相を知っていたのは神龍だけ

超サイヤ人ゴッドについて真相を知っていたのは神龍だけ。
 神龍によれば、超サイヤ人ゴッドは、正義の心を持った数少ないサイヤ人が、数も力も圧倒的な悪のサイヤ人に対抗するために、擬似的に生み出したサイヤ人の「神」とのこと。(偶然の産物)
 遙かな昔、正義のサイヤ人が超サイヤ人ゴッドに目覚め、強大な悪のサイヤ人を駆逐しようとしたが、ゴッド形態を保ちきれず、結局は敗れ、超サイヤ人ゴッドの伝説は正義のサイヤ人とともに闇に葬られてしまったという。(神龍は惑星ベジータでの出来事だと語ったが…)
 イメージ画像(シルエット)として登場した悪のサイヤ人は大猿で、超サイヤ人ゴッドは尻尾のある通常サイズのサイヤ人。これは、GTの黄金大猿と超サイヤ人4を彷彿させる?
 ざっと言えば、映画で悟空の変身した超サイヤ人ゴッドは、アルティメット化と超サイヤ人4の中間に相当すると思われる形態だが…!?

  • 1