古山義邦は何者?!合同会社Cuoreの謎に迫る!

古山義邦という人物について調査しました!

FC2USER317378WZN さん

20 PV

古山義邦氏が代表を務める会社「Cuore」

古山義邦氏が社長を務める合同会社Cuoreは、以下のような会社情報とサービス内容を提供しています。

【会社名】
合同会社Cuore

【設立】
2020年5月

【所在地】
福岡県福岡市中央区大手門2-2-14

【代表】
古山義邦(ふるやま よしくに)

【事業内容】
・PR マーケティング事業
・YouTube運用代行
・TikTok運用代行
・インスタマーケティング、MEO事業
・インフルエンサーマーケティング事業
・広告代理店事業
・映像制作事業
・WEBサイト制作、LP制作
・営業代理店事業

サービス詳細

■YouTube
自社のイメージアップのため、面倒な企画や編集をお手伝いします。PR活動によってYouTubeチャンネルの魅力を高めます。

■TikTok
「バズる」企画の考案や編集を行い、採用や認知拡大を支援します。100万再生達成までの過程で丁寧なサポートを提供します。

■Instagram
店舗集客から採用まで、広範な支援を行います。集客コストを削減し、リピーター率を向上させる自信があります。1ヶ月でおよそ300以上のフォロワー増を実現できます。

■MEO
新規店舗集客を目指す場合はMEOを活用してください。スピーディーな集客を約束します。

■Webサイト制作/LPデザイン
低価格で高品質なサイト制作が可能です。自社ホームページやLPを作成したい方におすすめのサービスです。

Cuore代表としての会社への想いは?

「Cuore(クオーレ)」という社名は、イタリア語で「心」を意味します。この名前には、真心をもって接する姿勢を込めています。日本国内には多くの魅力的な企業が存在していますが、それらの企業がマーケティング力の不足に苦しんでいる現状に古山義邦氏は気づきました。
そうした中で、古山氏自身は幼少期の経験から高齢者向けの会社を設立することを考えていましたが、「逆に、そういった会社を救っていく」という思いが芽生えました。

このような想いから、古山氏は「Cuore」を設立しました。社名に込められた「心」の意味通り、真心を持って日本国内のあらゆる企業を支援したいという強い思いがあります。
良いサービスや製品を提供していても、それが認知されなければ意味がないという考えに共感し、成長に向けてサポートを提供していきたいと願っています。
将来的には、日本だけでなく世界でも通用する素晴らしい企業へと成長する手助けをしたいという願望もあります。Cuoreは、真心と情熱を持って、すべての企業の成功に貢献していくことを目指しています。

古山義邦はどんな人物?

生年月日: 1990年8月6日
血液型: A型
出身: 福岡県北九州市
趣味: ゴルフ、サッカー、映画
あだ名: 古山P

古山義邦氏は、合同会社Cuoreの代表を務める起業家。
幅広いマーケティングサービスを提供し、企業の成長をサポートしています。
また、彼は地元福岡を拠点に活動し、地域の発展にも貢献しています。
ゴルフやサッカー、映画鑑賞などの趣味を楽しみながら、仕事とプライベートの両面で充実した日々を過ごしているとか。

古山義邦氏は、福岡県北九州市でクリーニング店を営む両親のもとで大家族として育ちました。祖父母と共に暮らす中で、お年寄りに対する思いやりと心優しさを育みました。

彼には年の離れた兄が2人おり、兄たちは介護用品メーカーや介護施設経営など「高齢者」の役に立つ職に就いています。一方、古山義邦氏は福岡大学経営学科で経営に関する専門知識を学び、高齢者のためになる会社を作りたいという夢を抱いていました。

新卒で入社した福岡市内のIT系の会社でWebマーケティングの面白さに気づき、自身の持つWebマーケティングのノウハウを活かして兄の会社を盛り上げることを考えました。さらに、日本の優れた企業が世界に通用するようになるためのマーケティングを行いたいという想いから、2020年に自らの念願である合同会社cuoreを立ち上げました。

cuoreは一般的なWebマーケティングの他に、動画を用いたPR戦略やリクルートサポートなどにも対応しています。彼の夢と想いが詰まった会社として、福岡を拠点に日本の企業の成長をサポートしています。

古山義邦の好きな言葉「自ら光り輝いてこそ周りを照らすことができる」

古山義邦氏は、「自ら光り輝いてこそ周りを照らすことができる」という言葉を座右の銘に持っています。この言葉は横田南嶺(円覚寺管長)のものであり、学生時代に知って以来、彼の心にずっと刻まれていると語っています。

彼は幼少期から両親、兄弟、そして4人の祖父母と大家族で暮らしてきました。この広い家族と共に生きる中で、高齢者への尊敬といたわりの心が育まれました。特に兄たちが高齢者向けのビジネスに携わっていたことから、自分も同じ道を進みたいと考えるようになりました。

大学を卒業後、IT系の会社に入社し、仕事にも慣れてくる頃に兄の会社が厳しい状況に直面しました。自分の持つWebマーケティングの知識が役立つのではないかと考え、適切なマーケティングができていないために魅力的な会社が次々と倒産してしまうことに惜しみを感じました。その経験から、兄の会社だけでなく、多くの企業に対して役立ちたいという思いが強くなり、彼は合同会社Cuoreを立ち上げました。

Cuoreは、Webマーケティングの専門知識を活かし、兄の会社を始めとする多くの企業の成長をサポートしています。
彼の夢は、自らの輝きで周りを照らすだけでなく、日本の企業が世界に通用するようなサポートを提供することです。これからも真心と情熱を持って、多くの企業の成功に貢献していくことが彼の目標なのです。

  • 1