1.5次会とは?費用やお勧め業者3選

1.5次会と結婚式の違い、おすすめのサービス提供会社の紹介

…海斗… さん

148 PV

1.5次会とは?

最近流行っている1.5次会とは、披露宴ほど格式ばったものではなく、二次会ほどくだけたものでもない結婚式の集まりのことです。多くのカップルは、仕事上の知人や関係者を迎えて交流する正式な披露宴を行います。一方、同年代の親しい友人だけを招いて1.5次会を開催するカップルもいます。通常、二次会は友人が企画するものですが、新郎・新婦が自ら準備し1.5次会を企画するパターンが多いです。
1.5次会をより深く理解し、自分たちにふさわしい結婚式のスタイルはどちらなのか、考えてみましょう。

1.5次会を行う際の注意点

1.5次会の会場を選ぶ際には、用意できる予算、参加人数、料理の種類など様々な考慮事項があります。
そのため、1.5次会の開催方法を決める際には、1.5次会を開催する会場、食事の内容、注意点に目を向けることが大切です。
レストラン、カフェ、結婚式場、ホテルなど、どのような場所を選ぶかは、招待客の顔ぶれや、家族や仕事先の人がいるかどうかで決まりまり、それぞれ注意すべき点も変わってきます。

親しい人たちだけで、カジュアルに楽しみたいのであれば、おしゃれなレストイランや小さな会場でも問題ありません。しかし、より厳粛な雰囲気で行いたいのであれば、大きなホテルの披露宴会場や結婚式場が適しています。

1.5次会を提供するおすすめサービス会社3選

弊社で総合判断したおすすめの1.5次会を提供するおすすめサービス会社3社をご紹介させていただきます。

ちょうどいい1.5次会・会費ウエディングスタイル

費用は抑えながらこだわりも叶えたいお二人へ「ちょうどいい」1.5次会をプロデュース。たくさんの会場・ドレス・コーディネートから選べる、費用と品質を両立させた納得プランをご提案。まずは、無料の出張相談orオンライン相談会にて私たちの特徴をご案内します。

1社目は「低価格で高品質=ちょうどいい」をモットーに誰もが1.5次会を行えるように様々なプラン設定をしているここ最近1.5次会業界でもひときわ目立っているサービス提供会社です。
常に低コストで高品質なサービスを提供するための仕組みづくりに取り組んでおり、この取り組みのおかげで結婚式ほど大きな式を挙げれないカップルの悩みを解消し続けています。

FOR U(フォーユー)

二次会・1.5次会・アウトドアウエディングの幹事代行・プロデュースなら FOR U(フォーユー)。ロケーションフォトと人前式のセットや宿泊型ウエディング、オンラインパーティーにも対応。

https://bhf-4u.com/plans/itengojikai/

1.5次会プロデュースプラン《275,000 円 (税込) 》と挙式+1.5次会プロデュースプラン《330,000 円 (税込) 》の二つのプランで1.5次会をサポートしています。柔軟にお客様の要望に応えるところもFOR Uの魅力のようです。

最近は結婚式を自分たちのスタイルで行うカップルも増えてきました。そんな中で注目されているのが、パーティ婚ともいうべき「1.5次会」というスタイルです。その魅力を従来の結婚式のスタイルと比べながら、ご紹介しましょう。

https://zexy.net/navi/casual/howto01.html

言わずと知れた国内結婚サービス大手のゼクシーさんも1.5次会サービスを提供しています。費用は少し他と比べ高いようですが、大手だからこそのノウハウで1.5次会をしたい新婚カップルを全面サポートする体制が整っています。

「1.5次会」を行う側で準備すべきもの

1.5次会をどのように構成するにしても、お二人はその日のために準備をしなければなりません。会場にもよりますが、新郎新婦が1.5次会の準備をするのに必要な標準的な準備物がいくつかあります。

・招待したい方へ送る招待状
SNSでの配信も可能ですが、個人差があるため、注意が必要です。招待状は、従来の結婚式と同様に返信用ハガキで提出すると、より丁寧な印象を与えることができます。招待状には、会場の日付、場所、電話番号、ホームページのURL、地図、最寄りの交通機関のほか、出席の有無、返信の締め切り日、会費制か名誉会員かなどの情報を必ず記載します。また、未成年者の同伴の有無も必ず確認してください。

さらに、1.5次会特有の自由度を生かしたデザインを招待状に組み込むのも良いアイデアです。例えば、音楽を中心としたイベントであれば、招待状をコンサート形式のチケットにするのも素敵な選択です。これなら、当日、受付でチケットを受け取ってから会場に入ってもらえば、ゲストは特別な体験をすることができます。招待状の雰囲気を盛り上げるために、クリエイティブなコンセプトを考えることは、そのプロセスをより楽しいものにするための大きなポイントです。

・1.5次会の衣裳
「新郎新婦の服装」
1.5次会では、新郎新婦はウェディングドレスや着物を着用し、その後お色直しで別の衣装に着替えるのが一般的です。また、お気に入りの一着を選んで、ずっと着続けることもできます。また、イベントのテーマや雰囲気に合わせて、ウェディングドレスにデニムシャツを合わせたり、個性的な帽子をかぶったりと、よりカジュアルな装いをすることもできます。

「ゲストの衣装」
通常、ゲストは「1.5次会の服装はどうしたらいいのだろう」と悩むことになります。そこで、招待状に「カジュアルな服装で」というように、服装を具体的に記載する方法があります。カジュアルな服装」という曖昧な表現もよく使われますが、特に理解しやすいわけではありません。そのため、「ドレスアップして来てください」など、より正確に記載することをお勧めします。

・1.5次会招待客用の引き出物や交通費(お車代)
慣例的な記念品やご馳走の代わりに、予算に応じた結婚式を選択したカップルは、シンプルなグッズやデザートを渡す形もお勧めです。結婚式の司会者、受付係、幹事などに感謝の気持ちを伝えるための費用も計算に入れておくことが大切です。また、遠方から来られるゲストのために、交通費(お車代)を用意することも必要です。

・1.5次会会場の装飾と音響設備などの準備と確認
結婚式場を心のこもった装飾で飾ることも大切です。壁やテーブルの上に花を飾ったり、お二人の活動風景を描いた横断幕を飾ったりすると、楽しい雰囲気になるはずです。さらに、イニシャルなどの大きなアイコンや風船、テーマや季節に合わせた飾り付けなど、ゲストがスナップ写真を撮れるようなフォトジェニックなスポットを用意するのも効果的です。最後に、披露宴で音楽・映像を流す場合は、会場に音響・映像設備があるかどうかを確認しましょう。

1.5次会に関してのまとめ

上記様々な形で1.5次会について説明と注意点、アドバイスを記述させてもらいましたが、何よりも大切なのはお二人にあった、人生で数少ない貴重な結婚というイベントをどのように自分たちで素晴らしいモノにするか一緒に考えることです。
1.5次会というサービス、概念はここ最近生まれたもので現在のカジュアルな現代の模様を形にした面白いサービスです。
是非1.5次会に興味がある、もっと詳しく知りたい方はよくリサーチして、1.5次会サービス提供会社を選んでください。

  • 1