中国の購入代行サービスおすすめ5社を紹介♪使い方や手数料について

中国輸入代行業者のおススメ5社を各社の手数料、メリットなどを加味して紹介させていただきます。

chhinatrtr さん

128 PV

中国購入代行サービスとは?

近年、中国のECサイトを利用する日本の消費者が増えています。
しかし、多くの業者は日本への発送を行っていなかったり、中国語以外の言語が通じなかったりするため、限界があります。
そんな時に役立つのが、輸入代行サービスです。
この種のサービスは、購入者に代わって、注文、購入、発送、販売者との会話などの義務を引き受ける事業者です。
消費者は欲しい商品を業者に伝えるだけで、輸入代行サービスによりスムーズな海外通販を楽しむことができます。
輸入代行サービスの利用方法は簡単です。
代理店に入会し、購入する商品を伝え、見積もりを確認し、代金を渡します。
その後、代理店が商品を購入し、検品して日本へ発送し、受取人は商品を受け取る。
さらに、商品検索や価格交渉、複数商品の共同梱包、トラブル対応などのサービスを提供する企業もあります。

輸入代行業者を使う必要はあるのか?

タオバオやアリエクスプレスは、個人でも日本から商品を入手することができるため、必ずしも輸入業者を必要としな場合もあります。しかし、タオバオは日本語に対応していないため、英語か中国語に精通している必要があります。また、国境を越えて商品を送るため、配送の遅れや商品の破損などの問題が発生する可能性があります。

中国市場から商品を仕入れ、日本で販売する事業を行うセラーの場合場合、大量の商品を自己管理し、異なる販売者と取引するのは大変なことです。このような場合、輸入代行業者を利用した方が、個人ユーザーに比べて効率的です。こういった意味でも輸入代行サービスを使う方は個人よりも何かしらの事業を運営している業者様が多いです。

あなたが中国購入代行業者をもし使いいたいと思っている場合は以下の記事をお読みください、また個人的に使用したいと思っている方のために別途AliExpressと淘宝網の使用方法を説明します。個人的に購入したい場合は、輸入代行業者に頼らずとも可能です。

中国輸入代行サービスおススメ5社

弊社で総合判断したおすすめの中国輸入代行業者5社をご紹介させていただきます。

小萌マートのトップぺージイメージ画像

小萌マートは最近オープンした比較的新しい中国輸入代行業者です。
最近のオープンですが取扱商品がプラットフォーム上で見やすく流行を取り入れたアパレル商品が多いのがおすすめする一つの理由です。
またほかの輸入代行業者と比べて設定費用が安く、個人ユーザーから大口の業者までターゲットとしている層が広く感じます。
また基本的に月額固定の料金サービスは現在のところなくユーザーは商品代金+送料のみで代行サービスを利用することが可能です。

THE 直行便(タオバオ直行便)

https://www.taobaockb.com

THE直送便(タオバオ直送便)は、日本で最も頼りにされている中国輸入業者の一つで、2万人以上の巨大な顧客基盤を誇り、年間800万点以上の商品の発送を行っています。
ドン・キホーテのような日本最大手の小売業者も同社のサービスを利用している。
「プレミアムエコノミー会員」「ビジネスクラス会員」「ファーストクラス会員」の3つの会員プランから選ぶことができ、料金は月々の購入額によって異なる。


・プレミアムエコノミー会員:月会費無料、仕入れ代行手数料は商品価格の5%
・ビジネスクラス:月会費29,800円、仕入れ代行手数料は無料
・ファーストクラス:月会費59,800円、仕入れ代行手数料は無料


個人利用よりも、中国からの大量仕入れや保管を伴わない商品化など、中国から商品を持ち込んで販売する事業者を主な対象としているため、BASEやAmazonで転売する場合のAPI連携や仕入れから販売までのトータルサポートなどのサービスも提供されている。

淘太郎(タオタロウ)

https://www.yiwutaro.com/

淘太郎(タオタロウ)は、世界最大の卸売市場である義烏国際商貿城(イーウー市場)を有する中国浙江省義烏市に本社を置く中国輸入ビジネス企業です。タオタロウでは、個人アカウントとビジネスアカウントで、通常会費無料、代理店手数料率5%の会員と、月額3万円ながら代理店手数料無料の会員の2種類を用意しています。


・普通会員:月会費無料、代行手数料は商品代金の5%
・月額会員:月会費30,000円、代行手数料は無料

イーウーマート

イーウーマートは、迅速な検品と配送、優れた梱包と効率的な配送で広く知られている信頼できる輸入代行業者です。イーウーマートの会員は、毎月21,670円の定額制で、この有料会員になると、代行手数料は必要ありません。Amazon FBA転送や検品などの必要作業を行うことができ、経済的なソリューションとなっています。イーウーマートは、中国中級輸入業者に最適なサービスです。

イーウーパスポート

https://yiwupassport.com/

イーウーパスポートは、29,800円(ゴールド会員)、初月無料とお得な料金設定になっています。現地仕入れのための勉強会への参加など、ビジネスのための在庫仕入れに習熟したい方におすすめです。また、海外取引や輸入代行に必要なスキルを身につけたい方にもおすすめです。

中国輸入の代行業者を選ぶ4つのポイント

■スピード

中国輸入業界はスピードが命。発注から入荷までの早さだけでなく、問い合わせに対する迅速な対応も不可欠です。
従って、迅速性、スピードの双方に長けた代理店を選ぶことをお勧めします。
良い代理店を探すには、いろいろな代理店に問い合わせ、どれだけ早く対応してくれるかを見極めることが有効です。
しかし、最初のレスポンスの速さだけを優先し、その後のコミュニケーションの効率性を軽視することは得策ではありません。

結論として、時間は問い合わせを検討する際に考慮すべき要素である。

■料金

輸入代行業者を比較する際に考慮すべきなのは、手数料だけではありません。
他にも海外発送手数料や検品手数料など、様々な手数料が存在することも珍しくありません。
さらに、見落とされがちなPayPalの手数料は、顧客に請求されるのか、それとも輸入代行業者がその費用を負担するのかを見ておく必要があります。
費用対効果だけでなく、提供されるサービスが支払った金額に対して十分であるかどうかを確認することが重要です。
選択する際には、どのような基準で評価するかを決めるとよいでしょう。
輸入が初めての人は、月額料金が無料の代行業者を選ぶのがコスト削減策でしょう。
しかし、商品の数量が多く、購買活動が頻繁に発生する場合には、月額費用が発生した方が有利と考えるのが妥当であるため、理想的とは言えないかもしれません。
したがって、まずは月額費用が無料の輸入代行業者から始めて、他の価格と比較するのが賢明な選択と言えるでしょう。

■コミュニケーション

中国輸入貿易を継続的に成功させるためには、コミュニケーションを円滑に行うことが重要です。ストレスの多いやり取りはビジネス上の不利益になりかねないので、コミュニケーションが円滑に行われるよう、一定の措置を講じることが必要です。

生産的な対話に貢献する可能性のある様々な要素のうち、中国輸入分野に特に適切なのは、相手がコンタクトを取れる時間帯の認識、相手の話す言語の知識、そして潜在的な返答の遅れの理解、の3点です。
満足のいくやり取りをするためには、チャットアプリ、電話、メール、ZoomやSkypeなどのバーチャル会議など、最も便利で一般的なコミュニケーションチャネルに慣れることが重要です。個人によって好みが分かれることもあるので、必ず比較してから決めるようにしましょう。

■サービスの質

サービスの良し悪しだけでなく、検品の質、通関などの処理能力、OEMへの対応など、様々な要素を検討する必要があります。特にOEMでオリジナル商品を作る場合、輸入代行業者と何度も相談することになるので、納得のいく関係を築ける業者を選ぶことが重要です。また、商品の審査や確保に配慮してくれる商社であることが基本です。Amazonや自社のWebページで取引する場合、検品や包装が不十分だと、悪い評価やレビューがつく可能性があります。場合によっては、弁償や商品の返送を求められることもあります。このように、注意してチェックや梱包をしてくれる対応力のある代行業者に依頼しましょう。

  • 1
  • 2
PR