キモすぎる...自民:茂木幹事長のセクハラ・パワハラ列伝

女性記者と休日にサシでランチをすることもあり、男性よりも女性に対しての方が取材時に口が滑らかになるのは事実です。幹事長就任にあたり、茂木さんと昵懇(じっこん)な女性記者や若手の女性を自民党担当に据える社もあり、“茂木シフト”を敷いています
とのこと。親中っぷりはハニとらにかかっている証拠か

FC2USER459588FVW さん

734 PV

セクハラ幹事長:自民の茂木議員のキモい言動が話題に

 甘利前幹事長の衆院選敗戦を受け、新幹事長に就任した茂木敏充前外相(66)。将来の総裁候補となった茂木氏だが、その人間性を疑うような過去が。女性記者や女性党職員に対してセクハラ行為を繰り返してきたというのだ――。

 官僚がおっかなびっくり〈接遇〉するのに対し、女性記者に接する時、茂木氏は鷹揚として上機嫌なのだとか。

 政治部デスクが言う。

「女性記者と休日にサシでランチをすることもあり、男性よりも女性に対しての方が取材時に口が滑らかになるのは事実です。幹事長就任にあたり、茂木さんと昵懇(じっこん)な女性記者や若手の女性を自民党担当に据える社もあり、“茂木シフト”を敷いています」

 ジェンダー平等などを論じる大マスコミが、幹事長に接近させるために女性記者をあてがおうとはなんとも……。

女性にまつわる話は他にもあって、

「茂木さんが自民党で、さる役職を務めていた時のことです。当時、茂木さんはお昼ご飯の後は歯磨きをしていたのですが、その際、磨いた後の“使用済み”歯ブラシをお付きの女性党職員にわざわざ渡していたのだそうです。その歯ブラシを女性が受け取るかどうかで、忠誠心を見ているのだとか」(同)

 言葉を選ばずに言うなら、一連の言動は「キモイ」ということになろうか。今までセクハラで訴えられていないのは単なる幸運か、高い地位のおかげか。

派閥からも”強きを助け弱きを挫く”クソ野郎っぷりに人望がない

「茂木さんは上にゴマをすり、下には厳しいので、若い議員からの人望がない。過去、青木さんに不義理を働いたこともあったとされ、青木さんは茂木さんを派閥の領袖にするつもりはありませんでした。しかし、最近は派の若手と飲みに行くこともあり、面倒見も良くなってきた。茂木さんは周囲に“青木さんもボケてきたからな”と語り、派閥の領袖になる気満々です」

 しかし、さる旧竹下派議員は苦言を呈す。

「最近、茂木さんが派の会合を開催しようと案内を出そうとしたのですが、参院旧竹下派幹部である関口昌一さんの名前を案内のペーパーに掲載せず、参院側が激怒してしまう事態も起きました。合理性を追求する茂木さんと義理人情を重んじる青木さんら参院側とは水と油」

手下となる官僚と女性記者を侍らせ、順風満帆で総理への階段を昇ってきた茂木氏に唯一の懸念があることは永田町でつとに知られる。所属する旧竹下派(平成研究会)の領袖問題だ。派閥のドンは言わずと知れた青木幹雄元参院幹事長(87)。

「青木さんはかねてから“私の目の黒いうちは茂木に派閥を渡さない”と周囲に漏らしていました」

 と旧竹下派関係者。

パワハラが凄すぎて自民党員からも嫌われている

「大学生の時に家庭教師をやりたかったんだけど、できなかったんだよね。なぜなら、生徒に対して“何でできないんだ!”って思っちゃうからなんだよ」

 自民党の茂木敏充・新幹事長はかつて記者へのオフレコ懇談でこう語ったことがある。「自分の頭が良すぎて周りがバカに見えてしまう」ことを吐露したこの発言は新幹事長の人間性を的確に言い表している。一貫したその姿勢が茂木氏を“超人”的な仕事をこなす「ビジネスエリート」へと変身させ、時にパワハラ・セクハラを働く「上司」にもなるのだから――。

 1978年、東京大学経済学部を卒業した茂木氏は丸紅、読売新聞を経て、83年にコンサルティング会社のマッキンゼー&カンパニーに入社する。すると、同社の幹部だった大前研一氏が92年、「既成政党の枠を超えた政治を」と政策提言集団・平成維新の会を発足させ、茂木氏が事務総長に就任した。ここが彼の「原点」と言える場だ。

2019年10月18日号の週刊朝日によると、経産省や内閣府、外務省などの歴代の担当者は、大臣の機嫌を損ねないようどのように接するべきか蓄積してきた「茂木敏充マニュアル」があるといい、事細かく注意点が示されているという。

例えば食事。麺類が好きだとしつつ、例外的に嫌いだとされる冷やし中華や長崎ちゃんぽんまで把握している。伸びたり硬くなったりしないよう、注文時間の調整も抜かりない。パンは好きだが硬いフランスパンは苦手。メロンは嫌いだとされるが、なぜか夕張メロンはOKのようだ。

茂木氏は大のヘビースモーカーとしても知られ、マニュアルでは「プライオリティが最優先」とされている。

「あらゆるところで吸えるよう調整し、喫煙可能場所のリストを作成する」となっており、どうやらタバコを吸える場所を確保しておかなければ、茂木氏の機嫌を損ねてしまうようだ。

「こんなリストが存在している時点でパワハラです。甘利さんは政治とカネの問題がきっかけとなり幹事長を辞任することになりましたが、茂木さんのパワハラもかなり危険です。周りに人がいても怒鳴り散らすこともありますから。そうしたことがいずれ自分の首を絞めることにならなければよいのですが」(前出・政治記者)

  • 1