有名パヨクの大豪邸をご紹介するまとめ(上野千鶴子特集)

FC2USER459588FVW さん

3 PV

上野 千鶴子(うえの ちづこ、1948年7月12日 - )は、日本のフェミニスト、社会学者。専攻は、家族社会学、ジェンダー論、女性学。東京大学名誉教授[1]。
NPO法人ウィメンズアクションネットワーク (WAN) 理事長[2]、日本社会学会理事、元関東社会学会会長(2005年(平成17年度)- 2006年(平成18年度))、元日本学術会議会員(現在は連携会員)、シューレ大学アドバイザー、「ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク」共同代表を務める。慰安婦問題の解決をめざす会に所属。

マルクス主義フェミニストとして[編集]
ベルリンの壁崩壊後の1990年に「女性解放の理論が、マルクス主義の射程から脱け出ていないのは、マルクス主義だけが、ほとんど唯一の、(近代)産業社会の解明とそれからの解放の理論だからである」としており[22]、その後も、ハンガリー動乱と「プラハの春」以降のヨーロッパの社会主義者について、「ソ連があるにもかかわらず社会主義者になった、良心的・体制批判的な人たち」と社会主義を「善」とする立場をとっている[23]。

東京五輪もパヨクとしてしっかり反対運動してる根っからのパヨク

タワマンの前は東京大学近くの160坪の豪邸に暮らしていたとのこと

東京郊外のマンションで、にこやかに迎えてくれた上野さん。素晴らしい眺望のリビングルームは、主宰する認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)の打ち合わせや親しい友人たちが集まるのにぴったりのサイズ感だ。

「東京大学の教授職を退職したのがきっかけです。それまでは東大近くの戸建てでひとり暮らしでした。大学の門が閉まるギリギリまで研究室で粘る仕事中心ライフ。でも、退職したら、職場の近くに住む必要はない。そして、何よりも戸建て暮らしにこりごりしていたからです。それを痛感したのは、趣味のスキーで足を骨折した時ね。階段の上り下りができなくて。約160平米の家でしたが、それでなくても、だんだん部屋の移動が面倒になり、冬は床暖房の効いたフロアにずっといた(笑)。つまり、160平米を使い切れず、広い戸建てに住んでいる理由がなくなったんです」

  • 1