テストステロンを増やす方法とは?

FC2USER599800CBV さん

36 PV

テストステロン

テストステロンは男性ホルモンの一種であり、男性の場合、約95%が睾丸(精巣)の中で、残る5%が副腎で、合成・分泌されていると言われています。

筋肉質な体型やがっしりした骨格などいわゆる「男性らしさ」を構成するために重要な性ホルモンです。
思春期に急激に分泌量が増えることによりか身体や精神の発達に大きく影響し、「第二次性徴」と呼ばれています。

フェロモンを発生させたり、骨盤神経に働きかけ勃起を促すなど性行動に必要な作用もテストステロンによるものです。

テストステロンは大脳に作用するため前向きな思考や決断力を働かせる作用があります。気力・やる気といった精神面にも影響を及ぼします。

テストステロンが減るとどうなるのか

身体的な症状としては

過度な疲労感や倦怠感
性欲低下やED(勃起障害)といった男性機能の低下
不眠や肩こり

などの症状がみられます。

精神的な症状には

気力の衰え
集中力の低下
イライラ
抑うつ

などがあります。

テストステロンは、体のさまざまな臓器に影響を及ぼすとされているため、症状はここに挙げた以外にも多岐にわたり、テストステロンが減少した際に引き起こされる症状は男性の更年期症状ともいわれ、過剰に減少する場合は、加齢性腺機能低下症(LOH症候群)が疑われます。

テストステロンが減る原因

テストステロンは通常20代をピークに緩やかに減少していきます。
そのためテストステロンの減少による様々な症状もゆるやかに出現し、個人差はありますが「老化による変化」として受け入れている男性が多いようです。

しかし、テストステロンは年代問わず環境変化や人間関係によるストレスが原因で急激に減少することがあります。

というのも、私たちがストレスを感じると体内で抗ストレスホルモンの「コルチゾール」が分泌されストレスから身を守ろうとしますが、過剰に分泌され続けるとコルチゾールの製造元である副腎が疲弊します。

すると副腎で製造される「DHEA」というテストステロンの元となるホルモンが製造できなくなるのです。

そのため、過剰なストレスが「年代問わずに出現するテストステロンの減少による不調」の原因ととらえることができます。

テストステロンを増やすには

▼筋トレをする

大きな筋肉を中心とした適切なウエイトトレーニング、筋力トレーニングがテストステロンや成長ホルモンの分泌を促すことが分かっています。運動経験の有無で個人差がありますが、何も運動習慣の無い方でも自重のみでの筋トレ、スクワット、腕立て伏せだけでも効果があると思います。

男性ホルモンへの影響のみならず、糖代謝の改善、基礎体力向上など他にも多数メリットがあります。体型が逞しく変化することも自信につながることも多いものです。

過剰な紫外線は禁止ですが、適度な日光浴はテストステロンの上昇に寄与するとの研究結果があります。一日15-20分程度の日光浴でもテストステロンの分泌が2割程度上昇するとの結果でした。

またビタミンDの生成に日光浴は必要です。そしてうつ病の予防効果もあり睡眠リズムを整えるためにも、特に朝日をしっかり浴びることなどが重要視されています。日常生活で全く太陽の光を浴びていない人もいるかもしれませんので、自分の生活環境を見直してみましょう。

▼男性ホルモン注射

男性ホルモン注射とはテストステロン補充療法とも言い、筋肉注射の一種です。

アメリカでは2000年代後半より、男性ホルモン注射の治療を受けた人が急激に増加し、その数は数百万人とも言われています。日本国内では欧米諸国のように、まだそれほどメジャーではなく、わずか数万人程度にとどまっています。

しかし、近年は日本国内でも男性外来やメンズヘルス外来のあるクリニックや病院も増えてきており、男性ホルモン注射の治療を埋める人も増加傾向にあります。

最近、急激に脂肪が増えてしまい、筋肉の量が減ってきた、筋トレをしても効果がイマイチ、運動がきつくて長く続けられない、この中で該当するものがあれば、男性ホルモン注射による治療を考えてみてはいかがでしょうか。

  • 1
  • 2