コスパ最強のヨーロッパ英語留学🇪🇺🇵🇱

コスパ最強のヨーロッパ英語留学についてまとめました。

イギリス留学より3倍低価格、フィリピン留学より3倍高品質

今でも出来る、今だからこそ出来る英語留学です!

ヨーロッパ英語留学のすゝめ さん

57 PV

【コスパ最強】破格のヨーロッパ英語留学

ヨーロッパ留学=留学予算が高い

ってお考えの方、とても多いと思います。

実際、ヨーロッパには物価の高い国が多く、語学学校もアジア圏と比べて割高と言われています。
今回提案させて頂く『破格のヨーロッパ英語留学』ですが、それらの一般常識、先入観を一変させる内容を持っています!

是非一読してください♪

留学先はポーランド🇵🇱

留学先はポーランドです。
そうです、非英語圏の国で提案する英語留学となります。

皆さんはポーランドという国に対してどのような知識と印象をお持ちですか?

事実、ポーランドは「英語留学に理想な非英語圏の国」と考えられ、実際にこれまでに多くの英語留学がポーランドにて行われてきました。

「ポーランドってどんな国?」
「留学先ってどんな街?」
そして何故、ポーランドで理想的な英語留学が成り立つのか。

順を追って説明していきたいと思います。

ポーランドってどんな国?

ポーランド共和国(ポーランドきょうわこく、(ポーランド語: Rzeczpospolita Polska)、通称ポーランドは、国連の区分では東欧、米CIAの区分では中央ヨーロッパに位置する共和制国家。欧州連合(EU)、北大西洋条約機構(NATO)の加盟国。通貨はズウォティ。首都はワルシャワ。

北はバルト海に面し、北東はロシアの飛地カリーニングラード州とリトアニア、東はベラルーシとウクライナ、南はチェコとスロバキア、西はドイツと国境を接する。

冷戦時代は「東欧」に分類され、現在も国連は同様の分類である。国内および東側諸国の民主化(東欧革命)とソ連の崩壊を経て、米CIAなど一部の機関は「中欧」または「中東欧」として分類している。

歴史と文化が現代に色濃く残るヨーロッパの国らしく、ポーランドには多くの美観が多く残っています。
そんなポーランドにおける主要都市は以下の5都市となります。

✅ ワルシャワ
✅ クラクフ
✅ グダニスク
✅ ポズナニ
✅ ヴロツワフ

いずれの都市も、留学先のポズナニから簡単にアクセスする事が可能です。
週末の休みを利用して旅行する留学生も多いです。

出典 YouTube

ポーランドの都市を紹介するビデオです。
留学期間中、気になった全ての都市へ国内旅行したりする事も可能です♪
ポーランドは物価が低いので、運賃と滞在費含め、zł 300 (約9,000円)程で二泊三日の旅行が楽しめるのも最大の利点です。

留学都市ポズナニ (Poznań)

出典 YouTube

留学都市となるポズナニです。
かつて、ポーランド王国最初の首都として栄えた同都市は、歴史的に重要な建築物が多く残っています。

では留学都市ポズナニについて、簡単な紹介をしていきます!


【どんな街?】
ポーランド有数の学園都市です。
また、ポーランドの有名企業が本拠地を置く経済面でも主要な都市として知られています。
旧市街にはヨーロッパ特有の歴史的な美しい街並みが多く見られます。


【どこにある?】
ポーランドの西部に位置し、同国の首都ワルシャワ、隣国ドイツの首都ベルリンの中間値に立地しています。
いずれの主要都市にも簡単にアクセス出来る好ロケーションです。


【国際性は?】
同都市は、ポーランド国内において、最も国際的な都市の一つとして考えられています。
また、学園都市という事で、世界中から留学生が集まる事でも知られ、英語で単位を取得出来る、外国人向けのコースを設けている大学・学校機関も多いです。


【物価は?】
ヨーロッパとは思えないほど低い物価水準となります。
自炊メインにするなど、節約を意識すれば生活費を大きく抑える事も可能です。
(留学生の中には、毎月の生活費を2万円程に抑えれていた方もいました。)


【治安は?】
ポーランドはヨーロッパで最も治安が安定して良好な国と言われています。
そんな同国の中でも、ポズナニの治安は圧倒的に良く、大きなトラブルに遭遇した留学生もこれまでに皆無です。

非英語圏の国で実現する英語留学

ポーランドは英語圏の国ではありません。
ポーランド語が母国語である、いわゆる非英語圏となります。

そんな非英語圏の国において、英語留学は適切であるか否か、疑問に思う方は多いと思います。

結論からお伝えします。
アメリカやイギリスなど、英語圏の国で『しっかりとした留学』が可能となる、十分な留学予算がある場合に限り、ポーランドのような非英語圏の国よりも、断然に英語圏の国をお勧めします。
この事実を否定する事は流石に出来ません。


しかし、英語圏だから確実に留学が成功するという訳ではありません。
事実として、英語圏の留学であっても留学費用を抑える事は可能ですが、その留学の質を下げてしまう事は大きなリスクを伴います。

英語圏・非英語圏、どちらにも当てはまる事ですが、以下の4点が悪い環境である場合、それは結果的に留学自体の失敗に繋がる可能性が大きくあります。

● 留学先の生活環境
● 授業形式とクラス環境
● 英語を教える教員のレベル
● 授業時間・頻度などのスケジュール



● 留学先の生活環境
英語圏であっても、田舎や治安の悪いエリアであれば、学費・滞在費など、留学費用を大きく抑える事が可能です。
もちろん田舎のような落ち着いた環境で留学生活を送りたいといった人もいるかと思われます。
しかし、外国人という立場である事、そして自身らの存在がいわゆる少数派 (マイノリティ)である場合などを考慮し、どうしても落ち着いた生活環境を持つ事が難しいと思える人は多かったりします。
留学先はなるべく国際性豊かで、オープンな街である事が理想と考えられます。


● 授業形式とクラス環境
この点もしっかりと考慮してください。
第一に、あなたの英語能力によって、適切なクラス環境の判断基準が変わります。
既に英語で英語を学ぶ事に問題がないといった方。
つまり、英語を聞き取り、理解し、その上で英語を学ぶ事が出来るといったレベルに到達している方であれば、通常のグループレッスンであっても、問題なく対応する事が可能です。
しかし、初級レベルからのスタートである場合、一般的なグループレッスンはあまりお勧め出来ません。
第一に、グループレッスンの殆どは8〜12名ほどで構成している学校が殆どです。
このようなクラス環境で、生徒全員に対し、教員がしっかりとした管理・ケアを取る事は困難です。
よって、生徒の中には、いわゆる置いてけぼりな状態が発生しやすい状態が生まれます。
初級レベルからのスタートである場合、教員が各生徒をしっかりとケア出来る、少人数制のクラス、またはグループレッスン (マンツーマン)が理想と考えられます。


● 英語を教える教員のレベル
英語圏の国へ留学する場合、教員は基本的に同国出身の方である場合が殆どです。
つまり英語圏出身のネイティブスピーカーという事となり、これは英語を学ぶ上で必須とも考えられる条件です。
しかしネイティブスピーカー=優秀な教員という訳ではありません。
これは日本人全員が、日本語の教員になれる訳ではないといった理論と同じです。
担当となる英語教員がしっかりとした教員なのか、教員としてどれぐらいの経験を持っているのか、など、事前に学校側へ問い合わせする事が好ましいです。


● 授業時間・頻度などのスケジュール
週に2、3回の学習スケジュールにあまり意味はありません。
留学期間にもよりますが、やはり集中的な学習機会を設けない限り、限られた期間での英語能力の習得は難しいものと考えられます。
最低でも週4〜5日、週20時間ほどのクラススケジュールが理想と考えられます。

ポーランドが英語留学に理想的な理由

✅ 英語のレベルがヨーロッパで最高レベルの水準
✅ 英語学習者が多い
✅ 英語話者が非常に多い (特に若い世代)
✅ 英語で受けれるサービスなどが多い
✅ EU加盟後に外国人居住者が急増している
✅ 英語圏出身ネイティブスピーカーの英語教員が多い

最高のコスパで実現出来るヨーロッパ英語留学

コスパ最強で実現出来るヨーロッパ英語留学の概要を紹介していきます。
前述した通り、留学都市はポーランド西部の都市ポズナニです。
そして、クラスが行われる英語学校は「BRITISH PEAK」と呼ばれる、2016年より続く日本人経営の英語学校です。

間違いなく伸びる「集中特化クラス」の英語学習環境

メインコースであり、2016年から続く「集中特化クラス」は、英語力が必ず伸びると考えられるだけの英語学習環境が全て詰まっています。

✅ 最大4名で構成される少人数制クラス
✅ 個別レッスン中心
✅ 1日4時間・週5日ペース (年間912時間)
✅ 英語圏出身ネイティブスピーカーの英語教員のみ採用・契約

要約します。

最大4名の少人数制クラスの為、担当教員は全ての生徒をしっかりと管理・ケアする事が可能な事 -
個別レッスン中心の為、各生徒が掲げる目標・目的に合わせた英語学習が可能な事 -
その学習には1日4時間・週5日と十分な時間を設けられている事 -
担当する英語教員は経験豊かな英語圏出身のネイティブスピーカーである事 -

英語の学習環境としては理想的な条件を揃えていると考えています。

上記の理想的な英語学習環境を踏まえ、実際に留学する場合にかかる費用はどれぐらいか、紹介していきたいと思います。

料金は『留学期間』と『住居オプション』によって異なります。

留学期間は【3ヶ月間】、【6ヶ月間】、【9ヶ月間】、【1年間】のいずれかより選択が可能です。

住居オプションは【ハウスシェア (個室)】、【一人暮らし (1R)】のいずれかより選択が可能です。
また、住居物件はいずれも市内中心地に立地しています。

料金には基本的に以下のサービス・サポートが含まれます。

● 集中特化クラス授業
● 学習コンサルティング (月1回)
● 滞在費 (初期費用・家賃・光熱費)
● 寝具一式 (新品)
● キッチン備品一式 (新品)
● 生活備品一式 (新品)
● SIMカード使用料 (携帯端末用)
● 自宅インターネット (Wi-Fi)
● 滞在許可取得サポート
● 送迎サポート

3ヶ月間留学の場合

* 留学再開を記念した特別オファー (先着8名様)

【入学金・事務手数料】€250 (約3万円) → €0
-
【ハウスシェア (個室)】€3,650 (約48万円) → €3,500 (約46万円)

【滞在期間】87泊88日
【授業時間】228時間

6ヶ月間留学の場合

【入学金・事務手数料】€250 (約3万円)
-
【ハウスシェア (個室)】€7,300 (約96万円)
【一人暮らし (1R)】€8,000 (約106万円)

【滞在期間】175泊176日
【授業時間】456時間

9ヶ月間留学の場合

【入学金・事務手数料】€250 (約3万円)
-
【ハウスシェア (個室)】€9,900 (約131万円)
【一人暮らし (1R)】€11,400 (約151万円)

【滞在期間】265泊266日
【授業時間】684時間

1年間留学の場合

* 1年間留学の場合、入学金・事務手数料は免除されます。

【入学金・事務手数料】€250 (約3万円) → €0
-
【ハウスシェア (個室)】€12,600 (約167万円)
【一人暮らし (1R)】€14,500 (約192万円)

【滞在期間】364泊365日
【授業時間】912時間

  • 1
  • 2