【トリビアまとめ】ガムはトロと一緒にかむとなくなる

昔懐かしの「トリビアの泉」を再検証!

FC2USER926778DHH さん

258 PV

当時の放送より

日本チューインガム協会の堀江さんはこう語る。

Q.ガムはトロと一緒にかむとなくなる?


「チューインガムというのはですね、ガムベースが主な原料なんですけども。このガムベースは植物性樹脂からできています。」

「チューインガムとトロを一緒に食べると、トロの中の(動物性の)油分が(植物性のガムベースと)混ざって、だんだん線維が切れてしまうんですね。」

「結果的には溶けてトロと一緒にお腹の中に入ってしまう、と。」

本マグロの寿司を品評委員に配る高橋さん。

1本2000万円の値が付いた本マグロのトロで実験。

シャリ部分は不要なので、ネタ部分のトロのみを使用。

報告する戸田恵子さん。

本当になくなったことに驚きボタンを連打する中村獅童さん。

【補足トリビア】
①トロとガムを一緒に食べても特に人体に影響はない。

再検証しました

チューインガムを噛んだ後に残る部分をガムベースといいます。
その原料の植物性樹脂は、中南米や東南アジアに生える特定の樹木から採取されます。

代表的なものに、サポディラの木の樹液を煮つめたかたまりの天然チクルがあります。

熱帯域に分布する常緑高木。

メキシコ原産であり、スペインによる植民地化に伴いフィリピンに移入され東南アジアに広まり、日本では沖縄でも見ることがある。和名はチューインガムノキ。

樹皮には白く粘り気のあるラテックス(チクルと呼ばれる)が多く含まれ、チューインガムの原料となる。

ガムは、ガムベースというものから作られており、原料は木からとれる植物性樹脂です。 これは水にとけないけど油にとけるという性質があり、 トロなどの油と合わさるととけてなくなってしまったように感じられます。

マグロの赤身と一緒にガムを食べても溶けることは有りませんが、大トロと一緒に食べればガムは溶けてしまいます。

ビスケットもガムを溶かしちゃいますよ。 大トロでも溶けます.

  • 1
PR