様々なタネを味わえるおいしいちらし寿司

一度に大量のタネを味わえて、たいてい安価でおいしいちらし寿司の紹介です。

燃えPaPa さん

13 PV

店でも家庭でも人気

ちらし寿司は新鮮な魚介の切り身を乗せて作りますが、たいていのお寿司屋さんやテイクアウトで、握り寿司よりも安めに設定されているお店が多く、おいしいお寿司屋さんの自慢のタネを少しずつ楽しめたりします。
そこが入り口で、気に入ってもらえたら高級な握りへと流れる場合も。

ちらし寿司とは

ちらし寿司(ちらしずし)は、酢飯に多種類の具材を合わせて作る寿司の一種である。
語源は文字通り寿司飯の中、あるいは上に様々な具を「散らす」という意味で、単に「ちらし」と呼ばれる事もある。
江戸前寿司においては、白い酢飯の上に、にぎり寿司に用いる寿司種を並べたものを指すが、関東周辺以外の地域では一般に、酢飯に調味した具材を混ぜ込み、錦糸卵や海苔などで飾り付けを施したものをちらし寿司と称する。

おいしそうなちらし寿司紹介動画

  • 1