韓国性犯罪史最大級の悪行”n番部屋”事件とは

FC2USER459588FVW さん

3104 PV

n番部屋事件とは

そもそもこの事件は、2019年7月、「チュジョクタン プルコッ」という大学生記者たちの取材で発覚した。「チュジョクダン プルコッ」公式Youtubeによると、2019年の9月にニュース通信振興会を通して報道されたものの、当時はあまり大きく取り上げられることはなかったという。2019年11月から、ハンギョレを中心に取り上げられるようになり、報道されるようになった。

ニュース1によると、被害者の女性が多数にのぼり未成年の女性も被害にあっていたこと、単純計算で女性たちの性被害の動画や画像を26万人(重複含む)の会員が見ていたことが次々と判明していった。重複を考慮しても10万人以上が密かに見ていたと推測され、韓国社会を震撼させている

最初に明るみに出た「博士部屋」事件は、ハンギョレによると、2018年12月から2020年3月にかけておきた。

博士部屋を運営していたチョ・ジュビン容疑者は、TwitterなどのSNSで女性を脅迫し、それぞれの性的な自撮り画像や動画を撮影させ、テレグラム上に作られた秘密のチャットルームでその画像や動画を流出させていた。被害者の女性の中には、未成年女性も含まれていた。

2020年3月17日、この事件の首謀者で、チャットルーム上で「博士」の名前で知られていたチョ・ジュビン容疑者(24)が逮捕された。

まず、SNSを通じて知り合った女性に対して、まず割の良い「スポンサーアルバイト」があると勧誘し、裸の写真を入手する。いったん写真を手に入れると、その写真を周囲に流出させると女性を脅迫し、さらなる性的な画像や動画を撮影させ、テレグラムの有料会員制のチャットルームで流出させた。

さらに、会員の一部は「職員」と呼ばれ、積極的に性搾取に関わっていた。管理人に「司令」を受けた職員たちは、被害女性を呼び出して性暴力を働いたり、資金洗浄をしたり、性搾取物をチャットルームに流すなど運営任務を任されていた。

「博士部屋」を運営していたチョ・ジュビン容疑者は、ハフポスト韓国版によると、3段階のチャットルームを運営し、それぞれ20万ウォン(1.7万円)、70万ウォン(6.2万円)、150万ウォン(13万円)相当の暗号通貨を入場料として受け取っていた。

この性搾取犯罪を通して得た犯罪収益は、数億ウォンに達しており、性搾取物を販売して不当に得たとされる現金約1億3千万ウォンが警察にすでに押収されている。

被害女性への加害ぶりは文字にするのもはばかられるほど猟奇的で(詳しくは、現代ビジネスの記事「韓国で起きた衝撃の性犯罪『n番部屋事件』の深すぎる『闇』」を参照)、大統領府には加害者の厳罰を求め500万人以上の請願が集まる事態となっている。

事件内容もさることながら、もう一つのインパクトは韓国の女性たちがSNSを通じて事件の周知を世界に呼びかけた点である。それは程なくして日本のSNSにも波及し、事件への批判と被害者との連帯を表明する光景が多く見られた。

女性を「奴隷」扱いし、得た収益は億単位

 5年ほど前から性犯罪を繰り返してきたが、本件の直接的な犯行時期は2019年2月頃から8月までだ。スマートフォンアプリやインターネット上に番号などを振り分けたチャットルームを作り、そこに「奴隷」と呼ぶ若い女性に自ら撮らせた性的写真や動画などをアップさせた。これを有料会員に公開、販売することで収益を得ていたのだ。“n番”のnとは「自然数の集合体」の意味で、かみ砕いていえば“某”ということだ。

 ガッガッはSNS上でセクシーな写真をアップしている女性に「高額バイトがある」、「警察の捜査」などと声をかけ、個人情報を入手。ここから脅迫をかけ、性的写真をアップさせた。被害者には10代女性も多く含まれている。

「カメラを見つめ自慰行為をさせるのは“基本”でした。なかには男性トイレに裸体で寝そべらせたり、未成年者のレイプ動画を配信することもありました」(同前)

 捜査段階では、チャットルームでの残忍な言葉のやりとりも入手された。

「これはゲームなんだよ。奴隷(被害者女性)が1年我慢して、逃げれば解決するゲーム」

  • 1