現場監督になるにはどんな資格が必要なのか?

現場監督になるにはどんな資格が必要なのかなど、現場監督についての情報をご紹介していきます。

FC2USER522962SYS さん

13 PV

現場監督の仕事内容

現場監督の仕事内容をまとめてみました。

工程管理とは、工事の納期内に作業を終わらせられるように作業工程表を作成し、工事の進め方や日程などを調整・管理する業務です。 工程スケジュールを計画する際は、コストや品質・作業の安全面などを考慮しながら計画しなければなりません。

■品質の管理

品質の管理は、主に2つを管理します。

使う材料の品質とは、手配した材料が所定の品質のものなのか、ちゃんと手配した材料が手配した数だけ届いているのかをチェックします。

完成品の品質は、出来上がった仕事が基準内におさまっているかを確認します。

安全管理とは、現場に携わる作業員が、工事中に事故なく、安全に作業を終えられるように安全面を管理する業務です。

■コストの管理

コストの管理は、主に3つあります。

材料のコスト、労務・人件費のコスト、経費の3つです。

新米の現場監督がコストを管理することはあまり無いですが、現場によっては管理しなければいけません。

現場監督になるにはどんな資格が必要?

現場監督になるのに必要な資格をご紹介していきます。

建築士は、設計や工事監理などの業務を行う資格です。1級建築士は専門の教育を受け、実務経験を積むことで受験資格を得られます。1級以外にも、建築士にはいくつかの種類があり、各資格によって建物の構造規模が異なります。

■施工管理技士

専門用語が交錯する現場を管理するためには、多くの知識が必要になります。 施工管理技士など専門資格を取得できれば、施工管理業務に詳しくなり、職人さんからも一目置かれ、関係者からの信頼も得られます。

■建築施工管理技士

1級建築施工管理技士は、超高層建築や大規模な施設などの大規模な工事に携われます。建築士と建築施工管理技士は、かなり需要のある資格と言えます。

現場監督のやりがいとは?

現場監督のやりがいはどのあたりにあるのでしょうか?

  • 1
  • 2