意外と知らない!?日本の古銭情報をまとめてみた!

日本にある古銭の情報についてまとめてみました。

FC2USER511371ULB さん

44 PV

プレミア硬貨

日本政府が発行元になっている1円・5円・50円・500円など、世の中にはさまざまな種類の現代貨幣が存在します。その中でも額面を上回る金額で取引される希少価値を持ったものが、プレミア硬貨と呼ばれているのです。

日本の記念コイン

オリンピックの開催といった世界的行事を記念したり、天皇陛下の即位を記念したりして作られる限定的な通貨のことを指します。発行枚数も限られていて、発行される時期も限られているのが特徴です。

厳密には硬貨だけでなく、紙幣も記念貨幣として発行されることがあるのですが、多くの場合は硬貨となるため記念コインや記念硬貨と呼ばれるケースが多いようです。国家として記念すべき、祝うべき出来事があると記念コインが発行されることがあります。

古銭・古紙幣・硬貨・コイン

500円札の特徴をまとめると、以下の通りです。

1951年に発行される
1994年に支払停止となる
肖像の人物は岩倉具視
2007年の時点で日本国内での潜在的市場残存数が約2億2,000万円だった

江戸時代には各藩が藩札を使用していましたが、最も古い100円札は明治時代初期に発行された明治通宝です。時代の移り変わりにあわせて100円札は明治通宝から姿を変えていき、最後の100円札は板垣退助の肖像画が使われたB号券になります。

50円硬貨とは日本政府が発行している額面50円の硬貨で、現在発行されているものには菊のデザインが施されています。また中央に穴が開いているのも特徴の一つで、素材は白銅を用いてつくられています。

もう一つ50円硬貨の外見上の特徴としては側面にギザギザがあることで、中央の穴とギザギザと両方を兼ね備えている唯一の硬貨です。以前は素材として白銅ではなくニッケルが使用されていましたが、改良されて現在に至っています。

5円硬貨は、1871年に初めて製造されて以来、100年以上にわたって古くから人々に使われてきた硬貨です。発行された当時は特徴的な穴が存在せず、材質も金で出来ていました。

現在の5円硬貨の中心に穴が開けられている理由としては、視覚障害者でも判別が容易になることと、材料費の節約がその主な理由です。この形の5円硬貨の発行が開始されたのは1948年(昭和23年)と、比較的近年になります。

1円硬貨は、日本国内で流通している貨幣では最も価値の低いものです。故に、最も流通しているという考え方もできます。消費税導入後に大量に発行されたという歴史もあり、私たちの暮らしに古くから馴染みのあるものです。

表面には日本国と一円の文字、若木があしらわれ、裏面には1のアラビア数字と製造年が記載されています。尚、1円硬貨1枚を発行するのに製造するのに必要なコストは額面以上となっており、2015年時点では1枚の製造に約3円がかかっています。

古銭の種類は幅広く、古銭買取で扱っているのは日本の古い硬貨・紙幣だけでなく、海外の貨幣から記念コイン、ギザ十といった現代貨幣にいたるまで様々なタイプのものがあります。

  • 1