デリケートゾーンのIラインの黒ずみは写真で比較してケアする!

デリケートゾーンのIラインやひだの黒ずみはどのくらいが平均なのか写真で比較。Iラインの黒ずみはニベアやハイドロキノンで解消はおすすめできない。クリームや石鹸ならケアすると憧れの女性の写真みたいに、ひどい色素沈着も解消が望める。

FC2USER451881RVF さん

1395 PV

デリケートゾーンのIラインの黒ずみを写真で比較!平均どれくらい?

デリケートゾーンの色は、日本人の場合赤黒く、年齢によってさらに黒ずみやすいです。周りの女性はどのくらいの色か気になる人も増えており、積極的にケアをすることは恥ずかしくないため、正しいケアを始めてみましょう。

デリケートゾーンのひだの黒ずみ(写真あり)ハイドロキノンは危険

粘膜は顔や身体に比べて皮膚の層が薄く、ハイドロキノンの強い刺激に耐えられません。
ハイドロキノン石けんで全身をケアする場合も、大陰唇から内側・肛門付近は避けてください。

粘膜以外の皮膚の部分にハイドロキノンを使用してみるのも一考です。
ただし、粘膜ではハイドロキノンが強く作用し炎症を起こすこともありますので注意が必要です。

結論:Iラインの黒ずみにハイドロキノンは塗らない方がよい。

デリケートゾーンのIラインの黒ずみの写真|クリームや石鹸で改善できる?

自己満でもいいから可愛くキレイになりたくて、#デリケートゾーンケア 始めました🌟

専用のクリームが大人気!

デリケートゾーン専用のクリームやワセリンを手の平にとって温めたら、両手でV・Iラインに優しくなじませる。以下の4ステップマッサージを。血行や免疫力向上、ひいては黒ずみ解消やリフトアップなど、見た目にも嬉しい変化が!

ジャムウ石鹸の本場、インドネシア原産のジャムウ石鹸。デリケートゾーンやVライン・Iライン、そして乳首やワキの下など、古い角質が原因の黒ずみに効果的です。

  • 1