大阪で共有持分の買取をしてくれる会社は?

共有持分は意外とトラブルの原因になっているケースが多いです。
今回は、共有持分の基礎知識や大阪で買取をしてくれる会社についてまとめました。

FC2USER833936GQJ さん

5 PV

■共有持分の基礎知識

こちらでは、共有持分の基礎知識について見ていきましょう。

共有持分ってなに?

「共有名義の土地」というのは、1つの土地を複数人が共同で所有している状態の土地のことをいいます。つまり、土地の所有権を複数の人が持っている状態です。

一般的には、夫婦、親子、相続によって兄弟・親戚と共有名義となっていることが多いです。そして、名義人それぞれが持っている所有権の割合を持分といいます。

購入費用の負担が軽減出来る

共有名義で土地を取得するということは、共同購入するということです。

そのため、たとえば1,000万円の土地を購入するときに、2人で共同購入すれば、1人あたりの負担額は500万円ずつになります。

トラブルの原因になりがち

Aさんの遺族が不動産を売却しようとしたところ、弟のBさんはAさんより前に他界していて、B

さんの息子の一人は海外在住。こんな場合もすぐに不動産を売却するのは難しいでしょう。

世代を重ねるほど共有持分権者が多くなり、不動産の売却は困難になります。

まったく問題がなさそうだった相続不動産も、一気にトラブルのタネになりかねません。

気づかない間に共有持分権者になっていることも?

相続の権利は、配偶者と、子ども、孫、両親などの直系親族の順に発生します。

少子高齢化と非婚・未婚の方が増えた昨今では、相続する直系親族がないまま他界される方も少なくあ

りません。

このように、さまざまな特徴があります。

■大阪で共有持分の買取してくれる会社について

こちらでは、大阪で共有持分の買取をしてくれる会社について見ていきましょう。

不動産あんしん相談室

自社で共有持分を買い取っているため、仲介手数料は0円です。 不動産あんしん相談室®の丁寧な対応としっかりと話を聞いてくれる体制は、 共有持分問題に悩む相談者から高い指示を集めています。代表は国家資格の宅地建物取引士をはじめとする不動産のさまざまな資格の取得者

NSリアルエステート

一戸建てだけでなく、マンション・アパートや土地等の共有名義(共同名義)の不動産の名義部分(共有持分)だけを売却することが可能です。不動産そのものを売却する場合には、共有者全員の同意が必要となるので、現金化しにくい不動産であっても、自己の持分のみを売却することが可能です。

中央プロパティー

私たち中央プロパティーが、センチュリー21で唯一の共有不動産の専門家集団として2,000件以上のあらゆるトラブルを解決してきた手法で問題を解決するお手伝いを致します。是非、専門家への無料相談をご活用ください。少しでも早くこじれてしまった不動産の共有状態を解消するため誠心誠意、対応させていただきます。

このように、共有持分の買取実績が豊富な会社が多くあります。

■共有持分によるありがちなトラブルは?

こちらでは、共有持ち分によるトラブル例について見ていきましょう。

共有者全員の同意が必要

民法第251条によると、「共有物の変更・処分を行うには共有者全員の同意や判断が必要」とされています。

管理行為が行えない

一部の共有者が管理行為を行うべきだと考えた場合でも、その者が過半数の共有持分を有していない場合には管理行為が行えないのです。

家族間のトラブルにも

  • 1
  • 2