豪邸を建てるメリットやおすすめの素材について

こだわり抜かれたデザインの、部屋がいくつもある豪邸にすみたい、そんな憧れを抱く人も多いのではないでしょうか。
豪邸を建てるメリットや、建てる際に使用するおすすめの素材についてご紹介します。

FC2USER577663JIL さん

8 PV

そもそも豪邸の基準とは

豪邸といえば、部屋数も仕様も充実した、豪勢な邸宅が思い浮かぶでしょう。
では具体的に、どのような要素が豪邸の基準となるのでしょうか。

私からする豪邸とは、本宅に、離れ、御蔵があって庭がないと…です
近所に豪邸がある地域に住んでいましたが、本当にそんな家ばかり
本宅は大体入り口からは見えず、セキュリティもあり警備員もいました
門から車で出入りですね

生活だけでないゆとりの部分が多ければ多いほど「豪邸」度が増す感じです。

わたしはエレベーターが自宅内にあると聞くと、それなりに豪邸な印象がします。
これは、いかがでしょう? それなりに豪邸でないと、エレベーターはないはず。

豪邸を建てるメリット

前述の通り、豪邸はゆとりの部分が多い家であることが多いです。
生活に直結しないゆとり部分を増やすことには、どのようなメリットがあるのでしょう。

超高級住宅街というだけあり、変な人がいなくて、どの人も親切で優しいです。

雨の日で傘を忘れ、タクシー待ちをする時には、100%、前後の人から「一緒に傘どうぞ」と言われ、傘にいれてもらっています。

超富裕層が居住地を選ぶエリアって、地盤が固く、震災に強い場所が多いです。

これも私が居住地を選ぶ上で、大事なポイントだったので、クリアできました。
超富裕層は、自分たちの資産を守るために最適な場所を知っています。

豪邸は人生の集大成って本当?

豪邸の建設は、人生の集大成と表現されることがあります。

豪邸とは、施主が築き上げてきた感性を最大に表現できる場です。豪邸には施主の思いが宿っています。

日本人って住宅に関する幻想と憧れと所有欲にまみれているように見えます。40年の長期ローンをくんで、都外・郊外の小さなマンションを買うのがひとつのゴールです。そして、住宅を買うことで、人生が成功したと考えます。

豪邸に相応しい素材とは?

上質な素材が選ばれているかどうかも、豪邸の大きなポイントです。
豪邸造りで好まれる、代表的な存在をご紹介します。

「木曾ひのき」は、日本最古の国史書である『日本書紀』にも記載されているように古くから日本の最高級木材として使われてきました。時の権力者たちがそれを使う権利を持っていたという歴史のある木材です。

木曾ひのきの生長する場所は、日当りが良くない上に火山灰の土壌という、とても厳しい環境です。植物は南向きの良い土壌の土地だとスクスク育ちますが、必ずしもそれが優れた木材になるわけではありません。厳しい環境では、生長にとても時間がかかりますが、その分、中身がしっかりした木材が生まれます。

大理石は、高級感と光沢があるのが特徴です。

そのため、ホテルや会社のロビー、空港のラウンジなど様々な場所に取り入れられています。

模様と光沢があるため、小さなゴミや埃が目立たないという利点があります。

小さなゴミや埃が目立たないことにより、こまめに掃除をしなくても気になりにくいです。

  • 1
  • 2