コストパフォーマンスの高さで選ぶおすすめ翻訳業者

沢山の文章を翻訳するならば、翻訳業者に依頼すると便利です。翻訳してもらうならば、気になるのは文章がどれぐらい自然に翻訳できるかということでしょう。日本にも翻訳業者は多数ありますが、どのようにして選べば良いでしょうか?

FC2USER392529UOK さん

2 PV

翻訳が必要となるシーン

翻訳では、日本語から外国語、または外国語から日本語に行うことができます。
外国語を扱うような場面では、多くのときに翻訳は必要となります。

■論文や学術書の翻訳

研究者の皆様にフォーカスした学術論文翻訳サービスを提供しています。原稿の内容に応じて、それぞれの専門分野に特化したベテラン翻訳者で対応いたします。

医薬・医療機器の研究開発から承認申請、マーケティングまで、
あらゆるステージで正確かつ迅速な翻訳ソリューションを提供いたします。

■ビジネス書

MBAホルダーなどビジネスに精通した翻訳者が多数在籍していますので、あらゆる分野のビジネス書を正しいだけでなく、分かりやすく翻訳いたします。

これらは必要シーンの一例です。
その他、IT関係、特許、金融、工業、一般書籍など多くの分野で翻訳は必要とされます。

翻訳業者を選ぶポイント

翻訳業者といっても、業者ごとに翻訳の質は様々です。
専門家からアルバイトまで、翻訳する人は会社ごとにいろいろあり、質も変わってきます。
そして、翻訳は普段行うことがないので、業者の選び方が難しいです。

翻訳会社を選ぶ際のポイントとして、今までの翻訳実績を見ることが重要です。
翻訳会社によっては得意な領域があり、技術的な専門分野から医学的な分野、法律や公的文書など、それぞれ翻訳会社ごとに強みを持っています。

■翻訳文章のチェック体制

・ネイティブチェックがあるか
・ダブルチェック体制があるか
・記事の翻訳だけでなく専門知識があるか(技術翻訳者がいるか)

ダブルチェック体制があることで言葉のミスを防ぐことができますし、その言語や分野に精通している方がいることによってよりよい翻訳をすることができます。

■見積もりの回答までの時間

その際はまず、見積もり依頼に対するレスポンスの良さを確認しましょう。素早い反応があり、問い合わせの内容に対する的確な回答が得られれば、その翻訳会社は期待できるでしょう。

質の高いおすすめ翻訳業者

翻訳を依頼するなら、質の高い翻訳業者にお願いしたいものです。
おすすめの翻訳業者をご紹介します。

■ケースクエア

圧倒的な安値にも関わらず、標準仕様としてネイティブチェックが入るため、翻訳文の仕上がり品質もかなりのもの。
論文レベルが要求される専門分野にも強く、作業スピードもかなりの早さ

■ブレインウッズ

Webサイト、マニュアル、技術文書、契約書、パンフレット、マーケティング書類等の技術翻訳・実務翻訳サービスは当社にお任せください。

大阪心斎橋の株式会社ジェスコは、1966年に設立された日本有数の老舗翻訳会社です。皆様のご支援のおかげで、既に創立50周年を迎えることが出来ました。

■デフトインターナショナル

  • 1
  • 2