業務用食材を利用するメリットとおすすめ会社

飲食店などを営んでいると、業務用食材を購入する機会が多いはずです。
今回は業務用食材を利用するメリット、おすすめ会社などについてまとめました。

FC2USER833936GQJ さん

3 PV

■業務用食材の特徴

こちらでは、業務用食材の特徴について見ていきましょう。

一般食材とは違う?

業務用食材というのは、中身に違いがあるというより、容量や入り数、包装などに違いがあるだけのことなのです。

業務用食材はコストカットに良い

商品一つあたりの量を少なくして、商品の製造個数が増えれば、それだけ包装などの手間とコストがかかります。
 だから、スーパーなどでも、大入りパックになればなるほど割安になったりするでしょう。

会社によって特徴が変わる

日本全国の飲食店、ホテル、旅館、宿泊施設等の飲食に関係する皆様に元気になっていただくことを目的に事業を開始いたしました。飲食業界が元気になることにより、日本の地域活性化、地域再生の一助になれば幸いです。

低価格で購入できる

・大量仕入れにより、どこよりも安い価格でご提供いたします。
・10,000円以上(税抜き)のご注文で、送料、代引き手数料は無料となります。 (北海道・鹿児島は20,000円以上、沖縄は 30,000円以上)
・また、小ロットでも料金は変わらずご利用いただけます。

このように、さまざまな特徴を持っています。

■業務用食材を利用するメリット

こちらでは、業務用食材を利用するメリットについて見ていきましょう。

自分のペースで仕入れが可能

市場での仕入れというのは言葉の掛け合いなどもあり、初めての方や不慣れな方には難しいものです。購入を促されて、なかなか断りにくいといった場合も考えられます。通販を利用すれば、食品の注文がネットや電話などで可能になります。そのため、自分のペースで仕入れをすることができます。また、時間帯も気にすることがありませんので、タイミングよく注文することが可能です。

手間が省ける

仕入れをするにあたって、電車やバスといった交通機関もしくは、自家用車を利用して現地に出向くといったこともあると思いますが、交通費などの費用や手間がかかってしまいます。そこで、通販を利用すると商品は宅配業者にて配達されてきますので、現地へと出向く必要がなくなり、大量に仕入れる場合は、送料がかからないことが多いため、その分費用と時間の節約が可能になります。

このように、さまざまなメリットがあります。

■業務用食材を購入する際の注意点

こちらでは、業務用食材購入時の注意点について見ていきましょう。

増税はどうなる?

2019年10月、消費税が8%から10%に増税されることが決定。さらに増税による消費の低迷を防ぐため、生活に欠かせない「酒類・外食を除く飲食料品」と「週2回以上発行される(定期購読の)新聞」の税率を8%に据え置く「軽減税率」の導入も予定されています。

業務用食材は増税対象?

仕入れる食材・飲料によって税率が変わるため、実施後は仕入れに消費税8%と10%が混在するようになります。例えば8%に据え置かれるとされているのは、「提供する食事の原材料」。米・肉・魚・野菜・調味料(塩・コショウ・醤油など)などがこれにあたり、仕入れの食材の多くが軽減税率の対象となることがわかります。

ネット通販はスピードがある?

デジタル化されているがゆえのスピーディな配送や、季節にあった特集やセール、新商品情報の提供といった更新性が大きな特長です。もちろんスマートフォンやパソコンの操作に慣れていない人からすると少しハードルが高い部分もあるかもしれません。

このように、主に増税に関して注意しておいた方が良さそうです。

  • 1
  • 2