共有持分の買取とは?大阪で評判の良い会社

共有持分というものを知っていますか?
今回は共有持分の買取のこと、大阪で評判の良い会社についてまとめました。

FC2USER833936GQJ さん

6 PV

■共有持分について

こちらでは、共有持分について見ていきましょう。

共有持分ってなに?

共有持分とは、複数の人が1つの不動産を共同で所有している時に、それぞれの人がその不動産について持っている所有権の割合のことをいいます。たとえば夫婦で1つの不動産を2分の1ずつ共有している場合は、夫と妻それぞれが持っている所有権の割合(2分の1ずつ)のことをさします。

住宅ローン控除を二重で受けられる

住宅ローン控除は、購入価格の一定割合を所得税から税額控除できる制度で、年末の住宅ローン残高の1%が税控除できます。住宅ローン控除は夫婦それぞれが、自身の住宅ローンの残高に対して利用できます。

売却時の有利点

不動産売却時の優遇として、「居住用財産の買替えの特例(3000万円特別措置)」というものがあります。不動産を売却して出た利益(譲渡所得)のうち、3000万円を控除するという制度です。

相続税の節税効果

単独名義の場合、所有者が亡くなって相続が発生すると、不動産の評価額がすべて課税対象になります。共有名義の場合は持分のみが課税対象となるため、相続税の節税につながります。

このようにさまざまな特徴を持っています。

■共有持分のメリット・デメリットについて

こちらでは、共有持分のメリット・デメリットについて見ていきましょう。

売却がしにくい

共有名義の不動産を売却するためには、共有者全員の同意が必要です。これが最も問題となるのが「離婚」した際の「財産分与」の時です。

離婚時のトラブルになることも

特に離婚をした場合は、共有している不動産の処遇について意見がまとまらないこともあるため注意が必要です。単に税制上のメリットだけを理由に共有名義で登記すると、後でトラブルの原因となる可能性があるため、これらの点を踏まえてあらかじめ夫婦でどのような名義で購入するかよく検討するようにしましょう。

税金面のメリット

不動産売却時には「3,000万円特別控除」いわゆる「居住用財産の買換えの特例」というものがあります。これは不動産を売却した時の譲渡益に対する3,000万円分の特別控除であり、共有名義の場合にはそれぞれに3,000万円(合計6,000万円分)の控除できることにより、高額な物件の売買の場合の際には税金のメリットがあると言えます。

このように、さまざまなメリット・デメリットがあります。

■大阪で共有持分の買取をしてくれる会社

こちらでは、大阪で共有持分の買取をしてくれる会社について見ていきましょう。

アースコンサルティングオフィス

自社で共有持分を買い取っているため、仲介手数料は0円です。 アースコンサルティングオフィスの丁寧な対応としっかりと話を聞いてくれる体制は、 共有持分問題に悩む相談者から高い指示を集めています。

いとぐち不動産

主人名義で住宅ローンを借り、その後婚姻関係を解消した為に、借り換えできず10年以上高い金利でローンを支払っていました。
色々相談してみたのですが私一人の収入ではローンを引き継ぐことが出来ず、完済まで借り換えはあきらめていました。

株式会社チェスター

  • 1
  • 2