タクシードライバーに転職する理由と大阪エリアの平均年収

タクシードライバーは、長く働ける仕事であり、転職してドライバーになる人も多いです。ドライバーとして働くならば気になるのは年収でしょう。この記事では、タクシードライバーの仕事内容、そして年収について説明していきます。

FC2USER392529UOK さん

13 PV

タクシードライバーってどんなお仕事?

タクシー運転手の仕事は、タクシーに乗っていただいたお客様を目的地まで安全に送り届けることです。タクシー運転手には、個人タクシーとタクシー会社に雇用されるという2つのパターンがあります。タクシードライバーは全国で約41万人ほどおり、そのうち個人は4万人程度と全体の1割程度です。
基本的な業務としては、まずはお客様を探します。主には「流し営業」と呼ばれる、街中を車を走らせてお客様を拾う方法です。または駅やホテル、イベント会場などのタクシー乗り場で並んで、お客様を拾う方法もあります。

その名の通り、タクシーにお客様を乗せて、目的地まで運ぶのが仕事です。
街中でお客様を拾って乗せる方法と、家やお店など、指定の場所に迎えに行ってお客様を乗せる方法の2つあります。

タクシードライバーの基本的な給与体系

固定給+歩合
完全歩合
のどちらかを採用していることが多く、中でも一番である固定給料+歩合といった形が多く採用されています。

タクシードライバーの給与体系は完全(または一部)歩合制となります。
つまり、毎月出勤したことに対して決まった給料を貰えるのではなく、どれだけお客様を乗せたかによって収入が変わってくるのです。

■固定給を支払うタクシー会社もある

一つは固定給与制度です。
これは毎月決められた金額が支給されるため個人的にいくら売上を上げても変化はありません。
つづいて完全歩合制度というのがあります。
売上の中からその金額に対して会社で定められた何割かがドライバーに支給されます。
売上を上げれば上げるほど給与に反映されるため、日々の努力は欠かせません。
もう一つは、定められた基本給にプラスして歩合が加算される制度です。

タクシー会社によっては、固定給を支払う会社もあります。
ただそのような会社は、少ないです。
または、基本給があり、それに歩合を上乗せする会社もあります。

タクシードライバーの大阪エリアでの平均年収

大阪エリアでタクシードライバーをするなら、どのくらいの年収が見込めるのでしょうか。
大阪エリアの平均年収を調べました。

■平均年収は300万円

大阪府は月間給与額が299,000円で、年間給与が3,588,000円でした。年間賞与は93,300円です。年間推計額は3,681,300円です。

大阪のタクシードライバーの平均年収は、約300万円という数字が出ています。300万という数字は世間一般のサラリーマン並み、あるいはそれ以下という数字です。

タクシードライバーに転職するメリット

別の職種から転職をする場合、メリット・デメリットを考えておく必要があります。
タクシードライバーへの転職のメリットをご紹介します。

■休みが多い

最大のメリットは、時間の融通が利きやすいという点です。タクシードライバーは、基本的に1日の最初と最後に営業所へ寄る以外は、シフトで決められた時間は自分のペースで働くことができます。休憩時間の取り方も自分で決めることができるため、勤務時間が細かく決められているほかの仕事と比べると自由度が高いのが特徴です。
また、タクシードライバーの勤務スタイルは、丸1日働いて翌日休みというのが一般的。そのため、ひと月の休みが多いことを魅力と考える方もいるようです。

■頑張り次第で稼げる

タクシードライバーの平均年収は332万円(平成28年賃金構造基本統計調査参照)となっていますが、年収幅は広く年収800万円のかたもいらっしゃるようです。働き方としては「隔日勤務」や「夜勤務」が稼げる働き方のようです。2つの働き方に共通するのが夜に勤務できる事ですが、夜になると残業終わりの帰宅者やイベント終了後に移動する人達の長距離移動を狙って営業活動を行えるため、稼ぎもそのぶん良くなるようです。

■定年後でも働ける

年をとっても仕事が出来る職業であること以外にも普通に真面目に勤めていたのであれば
一度タクシードライバーを辞めた後に再度タクシードライバーに再就職しようとした場合 比較的簡単に再就職できます。

タクシードライバーに転職するデメリット

次に、タクシードライバーへの転職のデメリットを見ていきましょう。

■足腰に負担がかかる

  • 1
  • 2