京都エリアの住宅事情とおすすめの注文住宅メーカー

千年王都とも呼ばれる京都ですが、いざ住もうと思った場合の住宅事情と、おすすめの住宅メーカーについてみてみましょう。

FC2USER778237VWM さん

3 PV

京都エリアの居住環境

京都の居住環境は、どんな感じなのでしょうか。

■京都市が都市評価総合1位 「文化」高評価、「環境」は52位

国内主要都市の特性を経済や文化など6分野で評価した民間シンクタンクの調査結果が3日発表され、京都市が各分野の総合で全国1位に輝いた。分野別では観光を含む「文化・交流」が1位だったほか、論文投稿数などが指標の「研究・開発」も2位と特に評価が高かった。

京都エリアの不動産事情

不動産事情についてはどうでしょうか。

■近年の京都市内の地価動向 地価350万円/坪!

京都市内の現在の地価は一昨年より上昇を続けており、最近になって少し落ち着いてきたような感じはありますが、ある特定の場所や総額が低い物件については未だに高値で売買がされています。

四条烏丸の八清の事務所付近では、最近の一般相場がおおよそ350万円/坪~400万円/坪です。

■中古住宅単価上昇の要因について ~近年の町家ブームと購入の「3つ」の変化~

1.新築 → 中古リノベーション
2.居住 → 投資
3.日本人 → 外国人

注文住宅が注目されている要因

なぜ注文住宅が注目されているのでしょうか。その要因についてみてみましょう。

■注文住宅で家を建てるメリット

最近ではローコストでも建てられる注文住宅も増えてきており、「これから家を建てるなら注文住宅がいい!」という需要が高まっています。

■ハウスメーカーの家と ローコスト住宅に見る注文住宅のトレンド

消費税増税と金利先高感という2つの要因に背中を押され、注文住宅市場が勢いづいている。

■「長期優良住宅」や「低炭素住宅」の認定住宅が増加し、8割以上に

認定を受けた住宅については、「住宅ローン減税(住宅ローン残高の1%を10年間にわたって所得税などから控除する制度)」の最大控除額が400万円→500万円に拡大し、「登録免許税」も減税されるなどのメリットを受けられる。「長期優良住宅」の場合はさらに、新築住宅の場合に「固定資産税(家屋)を1/2に減額」する措置が、一戸建ての場合で3年間→5年間に延長されるなどのメリットもある。

つまり性能の高い住宅が増えることで、建築費が上昇するという理由が考えられるわけだ。

注文住宅に強い京都エリアでおすすめのメーカー

巨とで注文住宅に強い住宅会社を見てみましょう。

■ゼン・コーポレーション

住まいが「モノ」となり、家を「買う」となった時代
家にはもっと愛されるべき価値があるはず。
家族と共に成長し、大事に受け継がれる存在。

それが本当の「いえ」としての在り方だとゼンは考えます。

■イー住まい

造る側の都合や利益主義に対して、「既存の住宅創りを変えたい」、住む人が健康で快適に暮らせ、此処にしか無い本物の素材を使いながら、一棟一棟その人にあった住宅をじっくり設計・提案する。
そんな拘りのある住宅を、低価格と高品質の両方を満足させながら誠心誠意お創りしたい。

それこそが当社の使命であると考えております。

■アトリエイハウズ

帰るのが楽しくなる、嬉しくなる。
そんな自然体のライフスタイルから家をデザインする会社。
ひとつひとつのデザインにこだわり背伸びをしない、自分らしい家づくりをしてみませんか?

  • 1
  • 2