アパート管理で不安な人は管理会社に依頼しよう!

アパート管理で資産運用をお考えの方は面倒な管理を管理会社に任せることもできます。

FC2USER796089ORI さん

16 PV

■アパートの管理は何をすればいい?

一口にアパート経営の管理会社と言っても、その種類はさまざまです。一部の業務を委託するケースもあれば、管理業務全般を一任するケースもあり、オーナーがどこまで仲介や管理業務に携わりたいかを基準にして選ぶ必要があります。

アパートの管理業務には、入居者斡旋、家賃回収、契約更新・退室、トラブル対応、建物メンテナンスなどがあります。

■入居者斡旋とは

現在の入居希望者の大部分は、インターネットで物件を検索している。インターネットの検索サイトを意識した募集条件の設定を行うのは必須だ。

アパートを持っていても、住む人がいなければ利益になりません。そのため、入居者を募集し、選定し、契約を締結する必要があります。

■家賃回収とは

家賃回収とは、その名の通り、入居者から家賃を支払ってもらうことです。

滞りなく支払いが行われれば問題はないのですが、中には滞納する入居者もいます。そのような場合には、滞納者への督促などの業務も加わります。

家賃を滞納する入居者はそれなりの事情もあり仕方なくそのような状態になってしまっているのだと思うのですが、実は全くそんな事はないのです。

■契約更新・退室とは

契約した期限が満了したら、契約の更新や解約の手続きを行う必要があります。

その際には敷金の清算や原状回復、室内クリーニングなど行うことがいろいろあります。

ハウスクリーニングの費用を借り主が払うのか大家さんが払うのかは、過去に何度も裁判で争われています。その際の判決を見てみると、基本的にハウスクリーニングの費用は大家さんが負担するものであるというのが判例です。

■トラブル対応とは

入居者の間でトラブルが発生することは少なくありません。近隣でのトラブルも考えられます。

そのような場合には、仲裁に入ることもしなければなりません。また設備などの故障にも柔軟に対処することが必要です。

物的トラブルの場合は、「エアコンが壊れて我慢できない」「漏水が発生して部屋が水浸しになった」というような、普通の生活ができないということで、怒りの感情を持つのは当然のことです。

■建物メンテナンスとは

建物はメンテナンスを怠ると、どんどん劣化してしまいます。

自分が住むぶんには家が壊れていようが汚れていようが、自分次第なのでかまわないが、人に貸す場合には、入居者が住みたくなるような物件にすることも貸主の役割と考えよう。そうしてこそ、安定した賃貸経営につながるのだ。

そのため、定期清掃や法定点検、設備修繕や大規模修繕など、必要に応じて行うことが必要です。

■不安な人はアパート管理会社に依頼しよう!

"オーナーとして成功するか否かは、管理会社の選び方にかかっています。私は最初3年間の業者にはほとほと困っていましたが、オーナー仲間の紹介で出会った現在の業者さんは完璧だと思っています。最初の3年で体験した失敗や苦渋から、学んだことは大きい。"

  • 1
  • 2