現場監督になるには?現場監督に最速でなる方法をご紹介

現場監督になると、通常の作業員より報酬もやりがいもアップすることが見込めます。
ステップアップのため少しでも早く現場監督になりたい、そんな意欲的な人も多いかもしれません。
現場監督に最速でなるには、どのような方法が適しているのでしょう。

FC2USER577663JIL さん

7 PV

現場監督ってどんなお仕事なの?

現在監督の下で作業をおこなう人にとって、現場監督の詳しい仕事内容は未知数でしょう。
現場監督の基本的な仕事内容について、ご紹介します。

工事現場には監理技術者の常駐が義務付けられているため、最低でも一人の現場監督が必要です。大きな現場となれば複数の現場監督が必要になる場合もあります。

建設業法においては、
「当該建設工事の施工計画の作成、工程管理、品質管理その他の技術上の管理及び当該建設工事の施工に従事する者の技術上の指導監督」(※1)とされております。

管理監督業務の例として、
【施工計画の作成】:現場責任者クラスの施工管理経験者が担当します。
【安全管理】:日々の安全管理は配属したての若手にも任されます。
【品質管理】:例えば、設計通りに造られているか確認し写真を撮って記録を残します。
【工程管理】:工事スケジュールが予定通り進むよう管理します。

現場監督のやりがいについて

現場監督は、その名の通り現場をまとめる役割です。
その分責任も大きくなりますが、やりがいも増えます。

自分が現場監督を務めた住宅の近くを通りかかるとき、またその住宅の話題が人の会話に上るときなど、さまざまな場面において誇らしく感じることができるはずです。

仕事を終えてお施主様に喜んでもらう瞬間というのは、何にも代えがたい喜びがあります。
自分の仕事を褒めてもらえる、評価してもらえるということは、自分の仕事ぶりが正しかったという実感に変わり、自己評価を高めることにも繋がります。

建設現場で事故が起きれば、その責任はミスをした作業員にのみ課されるわけではなく、現場監督も監督責任が問われます。
しかしそれでも、工事が始まった当初ばらばらだった作業員の気持ちをひとつにまとめあげ、発注者や周囲の住民などから「素晴らしい建築物が完成した」と評価されたら、現場監督冥利に尽きるでしょう。

現場監督になる最短の方法は?

早く昇進してさらなる給与とやりがいを手に入れたい、そんな風に向上心が大きいタイプにとって、地道な下積みはしんどく感じられるかもしれません。
最速で現場監督を目指すには、どうすれば良いのでしょう。

現場監督になるための最短の方法は、建設会社で人材派遣として働くこと。研修制度の整った派遣会社を活用することで、経験を積みながら、サポートを受けつつ資格を目指すことも可能となります。

施工管理に関する資格は6種類、それぞれ1級と2級があります。
土木施工管理技士、建築施工管理技士、管工事施工管理技士、電気工事施工管理技士、造園工管理技士、建設機械施工技士です。

現場監督の最も重要な仕事は、信頼関係の構築です。

難しく考える必要はありません。

現場監督として活躍したいと思っている方は、「相手の行動や言葉の理由を考える」という習慣にしてみてください。

資格取得や信頼構築、実力なども重要ですが、スピード感を意識するなら、ひとつめに紹介した研修制度の整った派遣会社に所属する方法が理想的でしょう。
最短で現場監督になるためのカリキュラムが整っているため、早い段階でステップアップできるでしょう。

現場監督に求められるスキル

現場監督のやることは、多種多様です。
それこそ、作業員としての経験が豊富であってもなお、驚かされるほどかもしれません。
そのため、現場監督に適したスキルを有していることも大切です。

周囲からなめられないこと。これだけで建築業界はとても生きやすくなる。そのためには現場の信頼を得ることが最優先だ。

信頼を得るためには技術力が不可欠であるが、その技術力をわかりやすく周囲に示してくれるのが国家資格だ。まず、現場の信頼を得たいと思ったら、資格の勉強から始めるのがベストである。

多くの職種の人が出入りし、様々な作業が行われる建築現場では日々、事故の種が人知れずあちらこちらに蒔かれている。その危険の種にいち早く気づき、問題や事故に発展する前に摘み取る能力は建築現場の全員を救うことになる。危険予知能力は建築業界で円滑に仕事を進めるために、とても重要なスキルだ。

最後はやる気を見せることです。いくら計画が上手で職人を尊重したからといって

やる気が見えない人にはついてきません。皆さんが一生懸命やってないというわけ

じゃなく、職人からやる気になってるなと思われることが大事です。具体的にどうす

ればやる気に見えるかというと「よく打ち合わせをする人」「作業の最初と最後は

必ず見に来る人」「話を聞く、相談に乗ってくれる人」「計画に熱い思いが詰まって

いる人」などです。

現場監督が目指せる研修制度が魅力のおすすめ派遣会社

最速で現場監督を目指す上で心強い、研修が整った派遣会社をピックアップしました。

  • 1
  • 2