長野県で注文住宅を建てる時の注意点は?

専門的な知識も必要となる注文住宅の建築。

プロに任せるといっても、最低限の建築に関するポイントを知っておくことで、自分のイメージにより近いマイホームを建てられます。

長野県で注文住宅を建てようと考えている場合、どういった点に気をつければいいのでしょうか。

おすすめの注文住宅会社と合わせてご紹介します。

FC2USER200022FOD さん

4 PV

■長野県の住環境

長野県は、本州内陸部の中部地方に位置する県です。

県庁所在地は長野市で、県内の市町村数は19市23町35村となっています。

県の人口は約207万人、面積は1万3561.56平方キロメートルです。県木には白樺、県花にはリンドウ、県鳥にはライチョウが選ばれています。

令制国名が信濃国だったことから、長野県を指して信州とも呼びます。

海に面していない内陸県であり、大きな規模の山岳地帯があるのが特徴です。

長野県出身の有名人には、久石譲・池上彰・美川憲一・峰竜太などがいます。

最初に、長野県の住みやすさはどうなのか、考えてみます。

海のない内陸県で高山に囲まれ、トレッキングやハイキングで知られる長野県。

農業も盛んで、りんごの生産は非常に有名です。

また、空気がきれいなため、時計や精密機器などの工業生産の集積地としても知られています。

長野県世論調査協会によると5年に1度、県民を対象に『郷土に対する意識調査』を行っており、県内の18以上の男女800人を対象に実施し、そのうち502人から回答を得たとのこと。

NHK長野放送局「意識調査8割が『住みやすい』」

この中で、「住んでいる地域の住みやすさ」を尋ねたところ、「住みやすい」、「どちらかと言えば住みやすい」との回答が80.7%と高水準での推移とのこと。

住んでいる地元の人たちが「住みやすい」と8割以上も感じている。

これは、凄い数字ですね。

実際に長野県で暮らすなら、どの街がおすすめなのでしょうか。

人口の多さ、そして知名度を考えれば長野市になるのですが、個人的には上田市(うえだし)がオススメです。


また、別荘地の軽井沢(かるいざわ)に憧れている人は多いと思います。

ですが、実際に暮らすというのは現実的ではないかもしれません。


軽井沢の冬というのは知らない人は知らないと思いますがかなり寒いです。


東北並み、もしくはそれ以上の冷え込みになります。

夏は涼しくて快適ですので、全国から人が集まり騒がしいです。

上田市はそこまで長野のなかでも寒くならない地域です。

雪もそこまで積もりません。

長野県内で都心部に近いと言うと、ほぼ長野市か松本市に限られます。

長野市の良い所として、長野駅には新幹線が通っており東京や北陸へのアクセスが良いです。



また、長野駅周辺は松本駅周辺よりも広い範囲に渡って便利なお店が多い印象です。

ただ、洋服などのショッピングにおいて充実を求めるなら松本市の方が良いかもしれません。

長野県でこれから人気の出そうな街としては、諏訪市・安曇野市・上伊那郡が挙げられます。

■長野県でおすすめの注文住宅会社

ここからは、長野県で高品質な注文住宅を多数建設しているメーカーからおすすめを2社ご紹介します。

注文住宅会社を選ぶときの参考にしてみてください。

・アルプスピアホーム

松本・長野・諏訪・上田で新築注文住宅を扱うアルプスピアホームです。

高品質で標準仕様がフル装備の注文住宅を手の届く価格で叶えます。

長野県の気候に適した構造、厳選した標準仕様の住宅設備を県内最大級の住宅ショールーム・展示場でご案内

アルプスピアホームは、信州に根差した「冬暖かく夏涼しい家づくり」をモットーに、高品質の住まいを提供し続けている工務店です。

住宅プランは41種類にも及び、それをベースに間取りや外観なども好みに自由設計できます。

・一条工務店

おかげさまで40周年。

「家は、性能。」を掲げ、耐震・省エネ・健康・耐久といった基本性能を追求する、全国展開のハウスメーカー。

省エネ7冠・創エネ5冠。

累積約20万棟の建築実績。

優れた断熱性能のおかげで、暖房器具を置いてません。全て標準設備だけで生活しています。

そもそも一条工務店の家は、灯油を使った暖房器具がNGなので、使えるものは限られてきます。

そのため、使えるものは電気ストーブとか、電気の力で温めるものになってきますが、

床暖房を動かすだけで十分だったりもします。

■長野県で注文住宅を建てる時に気をつけたいこと

ここからは、注文住宅を建築する際の注意点について、長野県という地域性も踏まえてご紹介しましょう。

大切なマイホーム。

暮らし始めてから「こんなつもりじゃなかった」と後悔しないように、しっかりと勉強しておくことが大切です。

あなたが家づくりをしようとしているのは、自然豊かな信州です。長野県内でも地域差はもちろんありますが、どこで土地を購入しても建築費用よりも土地代が高くなることはほとんどありません。

また、豊かな住まい方が多様にある長野県で、どんな暮らしをしたいか可能性も無限にあります。理想とする『住まい方』に合う土地を選ぶ、という方法が、この長野県では適していると言えるでしょう。

その土地の昔の姿を知っていますか?地形や造成の仕方によって地盤強度は大きく異なり、地盤改良が必要な土地ではそれだけで大きなコストがかかります。表面上はきれいに造成された分譲地であっても、その土地の歴史を知っておくことが大切です。

  • 1
  • 2