アメリカで巨大魚を狙う!噂のアリゲーターガーの釣り方とは?

最近テレビやネットで話題になっている魚、アリゲーターガーを釣ってみたいと思っている人もいるでしょう。

そんなアリゲーターガーはアメリカに行けば、誰でも釣ることができるのです。

ここでは、基本的な釣り方や、アリゲーターガーをゲットするために大切なことなどをお教えしていきます。

FC2USER846307SEO さん

7 PV

アリゲーターガーならアメリカで釣れる!

アリゲーターガーは、国内でも様々な場所で目撃されるようになってきた外来種の一つとして知られています。

そして、何かと話題になっているアリゲーターガーを釣るなら、アメリカに行くのがおすすめです。

・アリゲーターガーとは?

アリゲーターガーはガー目ガー科に分類される古代魚です。

本国アメリカではアリゲーターガーはゲームフィッシングの人気ターゲット。

専門のガイドも多く存在しており、アメリカに住んでいる釣り人はもちろんのこと、アリゲーターガーに憧れを抱いて世界中の釣り人がアメリカへやって来ます。

アリゲーターガーは古代魚の一種で、とても大きく成長します。体長は最大で3mを超えることもあるようです。

また、アメリカでは釣りの人気ターゲットとされています。

・アリゲーターガーの生息域

アリゲーターガーは、アメリカ南東部沿岸地帯のほぼ全域で見つかっている。

生息域は、西限はテキサスおよびオクラホマ、北限はミシシッピー川流域、オハイオ川・ミズーリ川両水系の下流域、そして一部メキシコにまたがるメキシコ湾に注ぐ河川だ。

この大きな歯をした巨大魚は幅のある流れの緩い川を好み、特に広い氾濫原のあるような川を選ぶ傾向がある。

アリゲーターガーはアメリカの南東部沿岸地域に生息しており、一般的にテキサスなどで狙うことが多いようです。

流れの緩やかな川が主なポイントになります。

基本的なアリゲーターガーの釣り方は?

釣れる場所やポイントが分かったら、次は釣り方について勉強していきましょう。

アリゲーターガーの釣り方をしっかりと覚えておくと役に立ちます。

・使用するタックル

ロケ地 アメリカ・テキサス州  ビクトリア周辺
 気温 25.0~38.0℃
 対象魚 アリゲーターガー
 水温 28.0℃前後

村田 基 使用タックル
 ロッド WORLD SHAULA 1652R-2
 リール ANTARES HG
 ライン ナイロン22lb
 リーダー ナノナイロン30.5lb

タックルはカープロッドやスピニングリールなど、いたって普通のタックルだ。

ただし首を激しく振って抵抗するため、一般的なリーダーでは切られてしまう。

そのため、リーダーにワイヤーを使うという点だけが特殊なところだ。

・基本は餌釣り

アリゲーターガーはコイやナマズの切り身を用いた餌釣りで狙います。

ガーの通り道や呼吸が多く観察できるポイントに無線式バイトアラームを用いて竿をセットし、川を広く探りながら、日陰でのんびりとガーのヒットを待ちます。

※ガー類はデッドベイトを用いた餌釣りで狙うのが一般的です。

多少ゴツめのタックルで、ワイヤーリーダーを使って狙います。

基本的にルアーではなく餌を使って狙うことになるので、魚が釣れるまで待つ忍耐力も必要になってくるでしょう。

実績のある優秀な現地ガイドを選ぶのが大切

アリゲーターガーを確実に仕留めたいと思っている人は、ガイドにもこだわるようにしましょう。

優秀なガイドとそうでないガイドでは、釣果がだいぶ変わってきます。

初めての釣り場での釣果は、フィッシングガイドの腕次第と言っても過言ではありません。

相当数のフィッシングガイドがおりますが、その中から良いガイドを選びだすのが大変難しいのも事実です。

しかし、弊社では信頼できる一流ガイドを手配させて頂きますので安心して世界最高峰のガイディングをご堪能ください。

ガイドの経験と勘が釣果をUPさせるポイントになります。

優秀なガイドを選ぶためにも、プロフィールや実績などを念入りにチェックしておくようにしましょう。

さらに、釣りをしている最中はガイドときちんとコミュニケーションを取ることも重要です。

10分程だろうか、魚のスピードが弱まり、同時にボートとの距離が縮まった。

カークの合図と共に鋭くあわせると、明らかに今までの魚とは違った重量感が伝わってきた。

苦戦するかとは思ったが、カークのサポートが非常に良く、いとも簡単に船に上がった。船上で大暴れしたのは、全長180cmのアリゲーターガーであった。

ガイドは合わせるタイミングの指示や、魚とやり取りしている際のサポートもしてくれます。安心して釣りに集中できるようになるでしょう。

そして、基本的にガイドとのコミュニケーションは英語です。簡単な英会話スキルがあれば役立つでしょう。

僕はパソコンとスマホを使って、基本的にはインターネットにあるものだけで英語を勉強し、日本にいながら独学で英語を習得しました。

現在はカナダでグラフィックデザイナーとして特に不自由なくコミュニケーションを取り仕事をしています。

分からないところを繰り返すレッスンで、苦手だったスピーキング力が伸びました。

ニュアンスだけじゃなく、考えていることを組み立てて話すことの大切さを学んでいます。

日本国内でも英会話スクールや独学で英語を学ぶことができるので、一応勉強しておくのがおすすめです。

ですが、もし完璧に英語を覚えていなくても、簡単なフレーズが分かっていれば十分にコミュニケーションはとれます。

出発前に日常会話やフィッシングで使うフレーズは覚えておくようにしましょう。

  • 1
  • 2