コピー機などをリースしてサポート体制に定評のある会社まとめ

会社でコピーをとる機会がありますが、ほとんどの会社ではコピー機をリースで借りています。せっかく借りるのなら、サポート体制に定評のある会社にしてみませんか。評判の良いコピー機のリース会社をまとめました。

FC2USER732770VDR さん

8 PV

複合機やコピー機のリースに関係する基礎知識

日頃、何気なく会社で目にする複合機、コピー機をリースする基礎知識を紹介します。

リースは3社間での契約になります。初期費用が安く済み、経費削減にも繋がることがリースのメリットとして挙げられます。

本体価格のみを考慮した上で購入とリースで年間費用を比較した場合、新品であればリースのほうがコストはかかりません。たとえ購入後故障することなく稼働し続けたとしても、リースしたほうが安く済みます。リスク管理の点から見ても、リースのほうが優れていると言えるでしょう。

税務上認められた期間であれば、リース料の全額を経費で処理することが可能です。また、法定耐用年数より短い期間でリース期間を設定できるため、償却期間を短縮することが可能となります。

複合機やコピー機を導入することのメリット・デメリット

コピー機・複合機をリースするのに、どんなメリットがあるのでしょうか。
リースを決める前に、知っておきましょうね。

リース料金は経費扱いにすることができるうえに、月額料金が固定されているので、ランニングコストを把握しやすくなるぞ。また、購入とは違い、所有権がリース会社にあるため、減価償却の手続きや固定資産税の支払いなどが発生しないので面倒な事務処理も無くなる。

大切な現金が一気に出て行かないので、会社の運転資金に回せるのじゃ。これはかなり大きいのう。また、銀行などの借入れなどと比較すると、審査自体がかなり簡略化されているから、比較的気軽に申し込みできるのも嬉しいところじゃ。

コピー機リースのメリットは、経費が節約できることが一番大きいようです。
わざわざ新品のコピー機を購入する手間が省けるので、その分会社としては助かりますよね。

では、コピー機・複合機をリースするデメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

原則としてリースは中途解約ができません。
仮に中途解約した場合には、残っているリース料を一括で支払うように求められます。
リース取引は本質的にはリース会社からお金を借りる金融取引なので、リース会社が当初購入した際に要した全額を返済する必要があります。

コピー機・複合機をリースで導入すると所有権はリース会社のものになるため、契約期間満了後はリース会社に物件を返却する必要があります。
ただし、一般的なリース契約では、リース期間満了後も再リースとして延長する事が可能です。

リース会社を選ぶときに知っておくと便利なポイント

コピー機のリース会社は、どんな点でみきわめればよいのでしょうか。
知っておくと便利な選び方のポイントを紹介します。

リース会社の信頼性があるか確認しましょう。リース期間中には、リース料金のほかにカウンター料金やトナー料金、メンテナンス料金などランニングコストがかかり、トータルコストが高くなってしまうことも。

リース料金が納得いく会社です。様々な機器が選択できて、サポートも万全であり、しかしながら高額すぎるのではないかと疑問に思う会社は今後の信頼には繋がりません。希望の機器に釣り合った良心的な金額を提示する会社が良いです。

定期メンテナンスやトラブルが起きた時の対処は、リース会社を選ぶ時に絶対に注目しておきたいポイントです。せっかくリース料金を抑えても、その後故障などで買い替える事になってしまっては意味がありません。

人気のある複合機やコピー機のリース会社一覧

実際に人気のあるコピー機のリース会社はどこになるのでしょうか。
一覧にして紹介していきます。

1.システム販売株式会社

顧客の要望をヒアリングし最適なリースプランを提案。コスト面でも安く、対応も迅速と評判!

2.事務機器ねっと

複合機のリース販売年数24年。豊富な販売台数から得たノウハウによる最適な提案をいたします。

3.コピーホウダイ

コピホーダイの安さの秘密、それは販売台数が多いこと。
運営会社であるスターティアの企業規模、多メーカー対応の強みを発揮し、大量仕入れによるコスト削減・低価格を実現しています。是非他社と「価格」でご比較ください。

OAランドではお客様が理想のコピー機・複合機に出会えるように、当店のオススメ機種やこだわりの機能、人気のメーカー、オフィスの利用状況、ご職業など様々な目的からコピー機・複合機をお探し頂くことができます。

  • 1
  • 2