なるべく早い治療が必要となるペロニー病

ペロニー病というものを知っていますか?
ペニスがあらぬ方向をに曲がってしまうことを指します。
今回はペロニー病についてまとめてみました。

FC2USER537559IRF さん

781 PV

ペロニー病が発症してしまう理由

こちらでは、なぜペロニー病を発症してしまうのかなどについて集めてみました。

ペロニー病の原因

ぺロニー病の発生原因はあまり明らかになっていませんが、加齢による白膜の退行性変化によるものとの考えがあります。また、組織学的には、硬結部に慢性炎症像があることから、外傷、血流障害、代謝障害、栄養障害なども原因として指摘されています。過去に、陰茎に外傷を負ったことがある場合には、若年層でも発症することがあります。

ペロニー病を発症しやすい人

ぺロニー病は、中年以降に多く発症し、陰茎海綿体の白膜が部分的に硬くなる疾患です。この硬結で、勃起時に海綿体の伸展が制限されるため、硬結のある側に陰茎が弯曲〈図参照〉し、その際痛みを伴います。その後、次第に痛みは軽くなりますが、陰茎の湾曲は固定したままになり、挿入不能や性交痛といった性交障害に悩まされます。患者さんにとって、精神面でも影響の大きい疾患です。

ペロニー病の影響

ペロニー病は、陰茎海綿体白膜にしこりができる良性の病気であり、勃起時の痛み、しこりの触知、陰茎弯曲、陰茎短縮、勃起障害などになり性交障害の原因となります。

ペロニー病自体、明確な原因は分かっていません。
そのため、どんな人でも発症してしまう可能性はあるのです。

ペロニー病は、症状が出たらすぐに対処が必要

ペロニー病は症状が出たらすぐに治療が必要と言われています。
こちらでは、その理由などについて集めてみました。

癌の可能性がある

同様の症状には悪性腫瘍の陰茎がんもありますが、ペロニー病は良性腫瘍。命にかかわるような病気ではないものの、勃起すると痛みを感じるようになります。ただし、初期症状は陰茎がんと区別がつきにくいので、しこりを感じたらすぐに医療機関で診察をうけてください。

陰茎がんでなくとも、ペロニー病であれば痛みで性交や自慰ができないどころか、勃起不全となる危険性もあります。

さらにそのまま放置しておくと、ペロニー病特有の症状としてペニスが変形してしまうことに。陰茎がしこりの位置から「く」の字型に湾曲したり、陰茎短縮して短くなってしまったりするため、男性としての自信を著しくなくしてしまいます。

恥ずかしがらずに病院へ!

しこりを感じたら、それが陰茎がんであってもペロニー病であっても、放っておいてもいいことは何ひとつありません。国内ではまだペロニー病の診察・治療に対応できる医療機関が少ないため、ペニスに異変があればすぐに診てもらえるようチェックしておきましょう。

ペロニー病は放置しておくことで治るものではありません。
異変を感じた場合は、すぐに病院に行き、専門知識を持つ医師に診てもらいましょう。

ペロニー病は治療次第で改善できる

ペロニー病は放置しておくことで治るものではありません。
異変を感じた場合は、すぐに病院に行き、専門知識を持つ医師に診てもらいましょう。

非手術治療もある

非手術的に保存的に改善する可能性が有る疾患に対しては、 内服や注射などの非手術的治療を施行する事が多いです。
ペロニー病にもそれが有り、後述する外科的処置の適応に合致しない症例に対して、 施行される非手術的治療法が有ります。

外科処置の条件

外科的処置はペロニー病が活動期つまり発症初期における痛み・硬結・彎曲が、 悪化して行く傾向がある程度終息し、 症状が固定するも半年以上、 症状の自然回復が無い状況で、 かつ疼痛が強く、もしくはセックスが屈曲によって出来ない、 もしくはペロニー病が関連してEDが発症している。
以上がぺロニー病の外科的処置の適応条件になります。

最初は非手術治療から

ペロニー病の治療はこのような非手術的治療に始まり、 観血的な処置の選択などをリスクとベネフィットまた患者さんの理解と納得をベースに、 オーダーメイド的に進めていく形がレギュラーなスタイルと言う事が出来ます。
なおぺロニー病加療後も心因性EDが継続してしまう場合には、 バイアグラ、レビトラ、シアリス、 シルデナフィルなどのPDE5阻害薬の適応になります。

このように、症状の進行度によって治療方針も異なってくるようです。

  • 1
  • 2
PR