大阪で漢方薬局を選ぶときのポイント

病院に行くほど症状がひどくないときには、漢方薬を選んでみましょう。漢方薬を手に入れるなら、漢方薬局の利用が便利です。漢方とはどんな薬なのか解説していきます。また、大阪にあるカウセリングが受けられる漢方薬局も紹介します。

FC2USER125841OXP さん

14 PV

漢方って、どんなものを指すのか

漢方薬は、中国の伝統医学である「中医学」が、5世紀頃に日本に伝わったのが始まりです。それから日本の帰国や風土、日本人の体質に合わせて独自に発展し、日本の伝統医療となりました。

出典 そもそも漢方とは?漢方って何?|コッコアポお悩み相談室

「漢方」という名前は、江戸時代に日本で盛んになった西洋医学を「蘭方」と言ったことに対し、漢の時代に伝わった東洋医学として「漢方」と名づけたことに由来します。

出典 そもそも漢方とは?漢方って何?|コッコアポお悩み相談室

漢方薬の原料は、草や木、動物など、自然にあるものです。
たとえば、「ショウガを食べると体が温まる」と言われますよね。このような、植物などに備わった力を一つひとつ確かめ、組み合わせてできていったのが漢方薬なのです。

出典 はじめての漢方|漢方セラピー|クラシエ

漢方は植物が持つ力を使った薬のことです。
症状に合わせて複数の植物を組み合わせています。

私たちの生活に馴染みのある漢方ですが、どのようなメリットがあるのでしょうか?

漢方薬は1剤に複数の有効成分が含まれているため、多様な症状に効くのが大きな特徴です。

漢方薬にはたくさんの種類がありますが、主要な148処方には健康保険が適用されます。これらは「医療用漢方製剤」といわれ、厚生労働省から認可をうけた医療用医薬品となります。

西洋薬に比べて副作用が少ないというメリットもあります。

様々な症状にマイルドに作用するため、副作用が少ないです。

漢方や植物を主体とした薬のため、効果が穏やかで副作用が少なくなっています。
何となく体の不調を感じるとき、急性期ではなく慢性的な不調があるときなどに便利な薬です。

大阪にある漢方薬局が行っているカウンセリング内容

どこで漢方を入手してよいのかわからない方は、カウセリングが利用できる大阪の漢方薬局を利用してみませんか?

もともと製薬会社に勤めていた店主がいる漢方薬局です。

漢方の本質である症状や体質、生活習慣などのヒアリングを徹底。
医食同源の考えの基、在籍している栄養士資格者による食事の指導(栄養指導)も実施。例えば不妊に悩む方には、その原因となるとされている食材の使用をやめることを助言している。
遠方の人の場合、電話相談やメール相談を受け付けている。丁寧な応対で評判がいい。
漢方のオンラインショップも行っていて、楽天市場でも評判の薬局。

幼少の頃から身体が弱かった当店店主の西岡敬三は、以前は新薬の研究開発をしておりました。しかし「病気を治したい。」と思い作ろうとしていた薬は、根本治療ではなく今ある症状を抑えるだけの対症療法だったことに気づき、その後「病気を根本的に治す方法はないものか」と漢方薬の勉強を始めました。

慶応3年(1867年)の長い歴史を持つ大阪の漢方薬局です。

当薬局の患者様は、緊急の場合でも携帯電話で24時間、相談の対応いたします。(夜中の下痢、腹痛などでも)

戎漢方薬局は、寺地町駅から徒歩10分ほどの距離にある薬局です。

30分以上かけてじっくりと問診してくれる大阪の漢方薬局です。

プライバシーを守るしっかりとした
お部屋でゆっくりと相談して下さい。

各漢方薬局が得意としている分野

不定愁訴・自律神経失調症・神経症 検査をしても異常は見つからないけれど、なんとなく体調がすぐれず、頭が重い、体がだるい、すっきりしない、ふらふらする、いらいらしやすい、肩がこるなどの症状があります。

東洋医学、鍼灸や漢方薬などは、消す力よりも生み出す力に長けている。自然が持つ生命力を体内に取り入れることで気を正し、自身の生命力を高めようという考えだ。

東洋医学は、自律神経失調症やアレルギー、不眠や鬱などの改善を得意分野としている。

西洋医学で根本的な解消が難しい病気も、東洋医学の力で症状を緩和できるかもしれません。
とくに漢方薬は気の流れを整え、お血を改善するために便利です。

各漢方薬局に寄せられている口コミ

  • 1
  • 2
PR