絨毯や畳の家具あとを解消する裏ワザ

FC2USER926778DHH さん

37 PV

アイロンを使う

驚くことに畳のへこみを直す道具は、水にぬらして固く絞った雑巾とアイロンだけです。

畳はイ草を編んで作られているため、熱と水分を与えることで繊維が膨張して元に戻ろうとしてきます。

なんとアイロンを使ってへこみをなおすことができるのです!
畳の材料として使われている、「い草」を水分と熱の影響で膨張させる、という方法です。

1. 凹んでいるところに霧吹きで水を吹きかける
2. しっかり絞った雑巾を凹んでいるところに当てる
3. 雑巾の上からアイロンがけ

なぜこの方法で畳のへこみが直るのかと言うと、畳に使われているイ草の繊維が濡れ雑巾の水分とアイロンの熱で膨張するため、圧縮して凹んだのが戻るというわけです。

まずぬれたタオルか雑巾を用意し、凹み部分の上にかぶせ、その上からアイロンをかけます。スチームアイロンの場合、直接接しないように隙間を空け、蒸気だけを当てるようにしてください。

畳のいぐさやカーペットの繊維に水分と熱を加えることで繊維が膨張し、へこみが改善されるというわけです。

  • 1