自分で浮気調査はできる?パートナーの浮気を自分で調べる方法とは

自分で浮気調査がしたいという人は、浮気調査のやり方をまとめたので参考にしてください。

ARISGOLD さん

35 PV

自分で浮気調査をするなら

探偵や興信所を頼らず、自分で浮気調査をやりたい人もいるはずです。
一人でも出来る浮気調査の方法をまとめてみましたので、自分で浮気調査をやりたい人は参考にしてください。

キッズ携帯をサイレントにして車に仕込みました。それで相手の女の家を特定し、写真を撮ることに成功しました。

意外と手に入れやすいGPS機能付きの携帯電話やGPS機器を使って、パートナーの居場所を特定して、浮気現場を押さえるという方法です。

iPhone、Androidどちらでも構いません。怪しい証拠の撮影、パートナー(または浮気相手)のこまめなSNSチェック、会話の録音などに広く役立ちます。

スマホやパソコンから相手のSNSを確認して、怪しいフォロワーがいないか確認をしたり。

パソコンの検索履歴や、カーナビの検索履歴については、端末を操作することにより簡単に、かつすぐに確認ができますのでおすすめです。

意外と知らない、調べる人も少ない場所が、自宅のパソコンや車のカーナビの履歴。
パソコンやカーナビの操作方法を知らない人は、まず触ろうとしません。
そのため、無防備に浮気の証拠となるパソコンやカーナビの履歴が残っていることがあります。

レシートは、買った商品や数、利用した店舗情報、日時がわかる大事な状況証拠です。小さな積み重ねで、浮気相手と会っている場所や住んでいる地域が特定されていきます。

レシートは一見ゴミのようですが、浮気の証拠という点ではお宝になることもあります。
レシートに記載されている内容から買い物をした場所や、どこで何にお金を使ったのか調べることができます。

インターネットでDNA鑑定と検索すると民間のDNAを鑑定会社をすぐに見つけることが出来ます。費用は5万円程度から20万円弱というのが相場。調査内容により金額も変わってきます。

パートナーの下着、シャツ付着した髪の毛などから、DNAサンプルを取って、鑑定を行うという方法もあります。
どこの誰というのはわかりませんが、パートナーが異性と肉体関係を持っていた事を証明することができるかもしれません。

自分で浮気調査をする前に準備すること

入念に準備をしてから調査をスタートすることで、精神的な余裕を持って落ち着いて取り組むことができる

思いつきから自分で浮気調査をする人はいないと思いますが、自分で浮気調査をする際には入念な準備が必要です。

自分で浮気調査をするには、探偵に依頼をするよりも、入念な情報収集が必要。

浮気をする人の行動パターンから、浮気相手がどこの誰か、どこまで浮気調査を自分で出来るかを事前に知っておくことが大事です。

  • 1
PR