ポケモンGO人気で株価上昇が期待できる銘柄

リリース直後から注目を集め、もはや社会現象になりつつある「ポケモンGO」。
今後さらに人気化すれば、関連する企業の株価上昇が期待できるかも!?
そんな「ポケモンGO関連銘柄」を紹介します。

フレシール さん

14 PV

ポケモンGO関連銘柄

ポケモン関連銘柄としては任天堂のほか、シリーズ作品の開発に関わったゲーム会社やアニメ制作会社、アニメを放映するテレビ局などが代表的な存在として挙げられる。また、ポケモンに関連した施設の運営企業や玩具メーカー、ポケモンを自社製品のキャンペーンに使用した企業なども、関連銘柄として扱われることが予想される。

・任天堂
ポケモンGO相場は任天堂抜きには語れません。時価総額はすでに4兆円に迫り指標面からは高値水準にあると指摘されることもありますが、過去の高値から比べればまだまだ上値は残っていると考えられます。また、ポケモンGO相場は任天堂の値動きに依存していますので、他の関連を物色する際にも任天堂の値動きは常にチェックが必要です。

・サノヤスホールディングス
サノヤスホールディングスは、造船業が主体の企業ですが大阪市にポケモンEXPOジムという施設を持っており、
これがキッカケで関連株の中で最大の上昇を見せています。サノヤスホールディングスは関連銘柄の中でも時価総額が小さいという魅力があり、テンバガーへの期待も大いにかかっています。

・イマジカ・ロボットホールディングス
イマジカ・ロボットホールディングスは、ポケモンのアニメーション制作を担当しているOLMという子会社を持つことから注目を集めています。このOLMは過去に妖怪ウォッチのアニメーション制作を担当していることでも株価に大きく影響を与えたこともあり、
実績も十分であることから長い視点で資金の流入が期待できるでしょう。

タカラトミー【7867】

玩具大手の会社です。06年にタカラを吸収合併しております。同社はポケモンのグッズを製造、販売しており、ポケモンGOの人気からグッズの売上が伸びる思惑から買いを集めております。

モバイルファクトリー <3912>

「駅奪取」や「駅奪取PLUS」、「駅メモ」などの位置情報ゲームを手掛けるモバイルファクトリーも、注目株のひとつだ。時価総額が小さく、軽い値動きを見せているだけに、今後も目が離せない。

・第一屋製パン
「ポケモン」などキャラクターを用いた子供向けの菓子パンに特色

・DeNA
任天堂とスマホゲームで提携

・モバイルファクトリー
「ポケモンGO」と同じ位置情報ゲームが主力タイトルのスマホゲーム会社

・フジメディアHD
子会社が「ポケモンGO」の開発会社に出資

電池関連銘柄にも注目

<とにかく電池を食う>

 実際に「ポケモンGO」で遊ぶと分かるが、とにかく電池の消耗が速い。これはGPSの位置情報とカメラ機能を常時利用するうえ、画面を点灯し続けるというスマホでもっとも電池消耗の早い方法をコンボで行っているから。そのため必須となりそうなのが、大容量モバイルバッテリーだ。

リチウムイオン電池の大手パナソニック(6752)の業績に繋がるとの期待が広がっています。同様の理由で、スマートフォン周辺機器の大手、エレコム(6750)も期待されているようです。

Hamee【3134】

スマホやタブレット向けのアクセサリーのデザイン、販売が主力の会社です。クラウド型のEC事業支援システムも手掛けております。越境EC関連としても知名度の高い銘柄ですが、同社はモバイルバッテリーを販売している事から需要拡大への思惑から買いが入りやすく、注目しておきましょう。

  • 1