プライバシーマークとは何か?その重要性まとめ

更新日 2016年06月30日

FC2USER491270BKB さん

16 PV

私は岡山県で広告代理業をやっている会社で働いています。

広告代理業というのは、地元の企業にとっては、とても必要としている企業が多いので、わが社の需要も高まってきました。


そのため、顧客管理をしなければいけない数が増えてきました。

コンピュータと書類で管理をしているのですが、顧客情報の管理が徹底されているとは言い難い状況にありました。

というのは、コンピュータはウイルスに侵入されることもありましたし、書類を紛失したことも何度もあります。

この状態では、顧客情報をしっかり管理できる状況ではありません。

このことを社長はとても問題視していました。そこで、顧客管理を徹底してやることを決めました。

しかし、今までが顧客情報管理ができていないので、急に徹底すると言われても、何を実行したら良いのかわかる社員は誰もいないと言ってよい状態でした。

私は誰か顧客情報管理をしっかりと指導してくれる人物を探すように命令されました。

私は知り合いの紹介で、顧客情報管理をしっかりしており、会社のプライバシーマーク取得にも大きく貢献したという人物を紹介してくれました。

私は紹介された場で、コンサルを依頼しました。初対面で、コンサルを依頼されるとは思ってもいなかったみたいでしたが、快諾してくれました。

私はその人に自分の会社を見てもらうことにしました。

問題がありすぎて、どこから手をつけて良いのかわからない状態だと言われてしまいました。

そこで、きちんとしたマニュアルを作るので、そのマニュアルを見てほしいと言われました。

後日、マニュアルを持ってきてくれて、社員全員で共有することにしました。

今までやれていなかった当たり前のことをやるだけで良いのがわかったので、社員はきちんとやり始めました。

今までいい加減だった顧客情報管理が徹底できたことで、私の会社でもプライバシーマークを取得することができました。

私の感想としては、当たり前のことをきちんとすることを社内フローに組み込むことができて満足です。

引用元:http://xn--eckwax3h7a7b5d3hb.net/

「プライバシーマーク導入体験談6」 小売業(福岡県)の会社の取得の感想(プライバシーマーク体験談)【コンサル利用】

「プライバシーーマーク導入体験談6」
小売業(福岡県)の会社の取得の感想(プライバシーマーク体験談)【コンサル利用】

小売業に勤務していますが、最近は営業をしていても何かと個人情報についてうるさい時代になって来たと感じています。

すでにお得意先になっているところはお互いの素顔を知っている訳ですから、何も怪しむことはありませんが、新規にお得意先を取ろうとするときにはやはり大事なのは信頼になります。

信頼があるということを別で言い表すならばその業者が本物と言える何かが必要ということです。


たとえるなら水戸黄門の印籠のような物が必要と考えています。思わず相手を納得させるものがあれば今までの障害がなくなりスムーズにビジネス活動ができるのにと考えるようになりました。

ある日、会社側からプライバシーマークの取得についての話を聞きました。

プライバシーマークとは、何のことか知りませんでしたが、何でもそのプライバシーマークがあるとビジネス活動が有利に出来ると言うことです。


家に帰る途中にプライバシーマークについて調べて見たところ、一般財団法人である日本情報経済社会推進協会(通称JIPDEC)が、個人情報を正しく取り扱い出来ると判断を下した企業や事業者に与える制度だということです。

つまり、この日本情報経済社会推進協会に信用されて審査に通すことが出来ればプライバシーマークを取得することが出来ると言うことになります。

タダ、そのようにして審査に通したらいいのかわかりませんでした。

自分がその推進協会に電話をして話しても採れるような気がしなかったのです。

再び調べて見ると、どうやらコンサルタントの中にプライバシーマークをとることを専門にしている人がいるということです。

そこのコンサルタントにお願いをしてプライバシーマークをとってもらったところ、お客様の会社なら基準を満たしているので特に問題はないと言われました。

それから半年足らずでよいお返事が来ました。
費用は60万円ぐらいはかかりましたが、感想としては意外とあっさりとれたなと言う感じでした。結果が出て良かったです。

引用元:http://xn--eckwax3h7a7b5d3hb.net/

  • 1
  • 2