沈没船長、船長室にこもってパンツ一丁で両手に携帯電話を持って何かしていた

http://img.yonhapnews.co.kr/photo/yna/YH/2014/04/27/PYH2014042703340006400_P2.jpg

27日午後検察に送致される歳月号船長李ジュン釈氏


強い潮流で広く知られたメングゴ-ルスも進入を控えて
船長は操舵室を留守にしたまま 船長室で携帯電話を
しっかり握りしめていたという陳述が出た.

済州行メングゴ-ルスも航海が初めの 3位航海士と
旅客船操舵機を初めて取ったかじ取りに運航を任せたまま
彼は何をしていただろうか?.

29日検警合同捜査本部によると事故発生 30分余りの間
船長室に泊まって船長李ジュン席(69)さんは両手で携帯電話を握っていた.

事故直前しばらく船長室に立ち寄って彼に会った一
与えてください乗務員は捜査本部に "事故が起こる前船長が
船長室で携帯電話ゲームをしていたことと見える" と述べたことと知られた.

船長李さんは口を極めて否認してしばらく文字メッセージを
確認したと述べたことに把握された.

文字メッセージは一手でも易しく作成することができて
船長が両手で携帯電話を握ったまま何をしていたのか疑問が申し立てられる.

彼が一般的に携帯電話に慣れない 60代という点を勘案しても
部下職員が具体的にゲームをしたように見えるという陳述を
一以上捜査本部は関連捜査をせざるを得なくなった.

多くの可能性が控え目に申し立てられるが船長は事故発生の前 30分以上
操舵室を留守にしてから事故発生 10分前操舵室に少し帰って来て
一般的な指示をして帰ったことで確認された.

船長室は全体船員室の中操舵室と一番近くの距離(通り)にある.
http://honyaku.yahoofs.jp/url_result?ctw_=sT,eko_ja,bF,uaHR0cDovL3d3dy55b25oYXBuZXdzLmNvLmtyL3NvY2lldHkvMjAxNC8wNC8yOS8wNzAxMDAwMDAwQUtSMjAxNDA0MjkxOTA0MDAwNTMuSFRNTA==,qfor=0