超ヘタクソwwアニソンGPの優勝者、岡本菜摘に「何故グランプリを彼女が」と疑問の声

第六回全日本アニソングランプリの優勝者、岡本菜摘に何故?と疑問の声が殺到
その理由はズバリ彼女の歌唱力。明らかに他の参加者たちのほうが上手いのに、、、、

Eu.s.w さん

284 PV

岡本菜摘とは、第6回アニソングランプリ優勝者である。



北海道生まれの18歳。高校を卒業するまで音楽に無縁だった。しかしアニソン歌手のMay'nやLiSAに憧れてアニソンシンガーを目指すことになる。

高校を卒業し、音楽の専門学校へ入学し本格的に活動をはじめる。そして、本格的に音楽を初めてわずか6か月でアニソングランプリの決勝に進出した。

アニソングランプリ1stステージで氷菓のOP「優しさの理由」を披露、2stステージではAngelBeats!の「Brave song」、そしてファイナルステージでマクロスFの「インフィニティ」を歌い、見事に優勝を果たした。

優勝について疑問の声?

このアニソングランプリ優勝について、一部では疑問の声が上がっており、掲示板では議論がかわされている。また、大会委員長であった水木一郎氏はtwitterで以下のようにつぶやいている。(元ページはこちらとこちら)

昨日放送のアニソングランプリの評価は観たみなさんの感じたままをきちんと受け止めるべきだろう。審査に関われない大会委員長の立場はもどかしくもあり、今回は俺の意思が審査員に伝わってなかったのかと思うと自分の力のなさを感じてしまう。アニソンの未来のために、原点回帰も必要ではないか。

アニソングランプリで優勝した人には何も責任はありませんし俺は大会委員長としてフォローしていますよ。頑張ってデビューしてアニソン界を牽引してくれたら嬉しいのは確かなことです。アニソン歌手を夢見ている人のためにもみんなに認められ愛される歌手になってほしいと心から願います。

それでは実際の動画を御覧ください

実際聞いてみると明らかに下手なんですよね。
ビブラートもほとんどできてないし、声自体も弱々しく低音も全く出せていません。
これでは避難が集まって当然ですが、これは悪いのは岡本さんをグランプリにしてしまった運営側なんですよねww

次が第五回の優勝者の鈴木このみさんの動画です。比較してみてください。

  • 1
PR