架空の探偵と現実の探偵はこう違う

現実の探偵についてまとめました。

サン田ートゥロウ さん

51 PV

探偵のイメージとは

探偵のイメージって小説や漫画、映画の影響が強いですが、現実の探偵とはイメージがかけ離れていることはよく知られています。
現実の探偵とイメージが違いすぎて想像できないという人は、ここで現実の探偵との違いを確認してください。

現実の探偵ができること

顧客の依頼を受けてさまざまな調査を行う職業です。

漫画やアニメだと勝手に調査をする探偵もいるけど、現実の探偵は依頼が無いと調査はできません。

実際の仕事内容は、浮気調査、素行調査、人探し、信用調査など

探偵の調査のほとんどが浮気調査なのだそうです。

本物の探偵はどのようなことをするのかというと、浮気調査や素行調査が中心のところが多いようです。

現実の探偵は、事件現場に足を踏み入れることすらできない。
しかし探偵は、尾行・聞き込み・張り込みのスペシャリスト。民事では頼もしい味方。

どうやら、探偵業はきちんと申告が必要なんですね。

探偵業に免許は存在しないが、公安委員会に届出を出して登録する義務がある。

探偵ができることは、あくまで民事に関する調査。
恋人や夫婦の浮気調査から、行方不明になった家族や友人を探す所在調査などが業務の内容。
探偵業法という法律があり、法令を順守した調査活動を行う民間の調査機関。

探偵ができないこと

探偵には調査できないことがあります。

犯罪目的や社会的差別に利用される場合

犯罪や差別に関わる調査はできません。探偵業法によって禁じられています。

一時期ドラマで有名になった
「別れさせ屋」
のような「裏工作」も法律で探偵に認められている業務ではありません。

別れさせ工作を行っている探偵も中にはいるようですが、トラブルが多いようです。

違法な調査方法を探偵に依頼してはいけないということです。

探偵業法で定められていないが、他の法令に違反する可能性がある調査はできないし、依頼を受けることもできない。

探偵はなんでも調査できるわけではありません。
探偵も法律の下で調査業務を行います。
公序良俗に反する調査は依頼できませんし、調査することはできません。

  • 1