盗聴器を見つけるためにおすすめの発見器とは

盗聴器を見つけるのに役立つ発見器のことをまとめました。

鞄職人A さん

66 PV

盗聴器の発見器とは

盗聴器発見器は、隠された盗聴器を発見するための機械です。
盗聴器発見器は、性能、価格、大きさ、使い勝手など様々な違いがあります。
初めて盗聴器発見器を使う人にとっておすすめの盗聴器発見器はどんなものか、盗聴器発見器についてまとめてみました。

盗聴器発見器の価格

盗聴器発見器には、様々な種類があります。そのため、どれを購入するか迷うのですが、価格を一つの基準に考えると盗聴器発見器選びは楽になります。
1,000円程度のものから、30,000円以上するものまであり、盗聴器発見器の価格と性能はほとんど比例するので、価格の高いものが性能の高いものだと思ってもらっていいと思います。

盗聴器発見器の性能の違い

139.600
139.700
139.900
139.940★Cch
139.960
139.970★Ach
139.975
139.980
140.000★Bch
140.050

受信することができる周波数に違いがある。

盗聴器発見機能のスキャンによって、399.455MHzの盗聴波がヒットしました。部屋のどこかに盗聴器が仕掛けられていることが判明。次のステップで盗聴器の設置場所を絞り込んでいくというわけです。

盗聴器発見機能が搭載されていて、簡単な操作で盗聴電波があるかどうか調べることができる。

一般の人はこのような業務ようのスペアナを購入するのは難しく、もっぱら小型でハンディ型の盗聴器発見器が使われることが多い

デスクトップ型とハンディ型でも性能面と価格に違いがある。

盗聴器発見器の性能は、価格と比例することは紹介しましたが、性能の詳細について、初めて盗聴器発見器を使う人には違いを理解しにくいと思います。
盗聴器発見器の性能を比較するうえで、もっとも重要なポイントがどれだけの盗聴周波数を受信することができるのか、操作は簡単であるか、デスクトップ・ハンディタイプどちらが優れているかを比較することです。

盗聴器発見器を実際に使ってみる

もし仮に空間内に盗聴電波があると、これらの機器は音が出たり、光ったり、周波数を教えてくれます。

例えばペンなどの日用品、ぬいぐるみにだって盗聴器は仕込まれています。 もし心当たりがある場合、中身をのぞいてみれば一目瞭然です。

性能の良いものを使って調べるなら、広帯域受信機を使うのもいいでしょう。
広帯域受信機とは、盗聴器が発信している電波に限らず、さまざまな電波を受信することができる受信機です。広帯域受信機は盗聴器発見器特化の受信機よりも、多くの電波を受信することができ、感度もいいので、離れた場所から発信されている電波も受信することができます。

盗聴器発見器を実際に使ってみると、どこに盗聴器が仕掛けられているか調べることができます。
ただ、注意してほしいのは、盗聴器を見つけたら、すぐに取り除くのではなく、警察に立ち会ってもらうか、電気工事業者に取り除いてもらうようにしなくてはいけません。

性能の良いものを使って調べるなら、広帯域受信機を使うのもいいでしょう。
広帯域受信機とは、盗聴器が発信している電波に限らず、さまざまな電波を受信することができる受信機です。広帯域受信機は盗聴器発見器特化の受信機よりも、多くの電波を受信することができ、感度もいいので、離れた場所から発信されている電波も受信することができます。

  • 1