FacebookやMIXIを出会い系として利用するのは出会い系を使う事より危険!

facebookやmixiなどのコミュニティサイト。LINEやモバゲーに於ける非出会い系のアプリもこれに含まれますが、これらを出会いの場として利用するのは実に危険なのです。はっきり言って出会い系そのもよりも危険です!

では何故危険なのかと言うと・・・・・・。

出会いの真実 さん

123 PV

出会い系における犯罪の検挙数は段々低下してる!?

警察の統計によると、出会い系サイトによる犯罪検挙数は平成18年をピークに毎年減少しています。

そして、とうとう平成26年には1000件を切るところまで減少しました。

「 出会い系の検挙件数 」

( 平成21年 ~ 平成26年上半期 )

平成21年 検挙数 1,203件
平成25年 検挙数   726件
平成26年 検挙数   298件

結論 : 出会い系サイトでの犯罪は減っている。

警察庁の検挙件数を重要犯罪で分析する限り出会い系サイトで大きな被害に遭う確率は1%にも満たないのです。

ではこの数字をそのまま鵜呑みにして犯罪者が減った言えるのでしょうか?

実は違います。

下記のグラフをご覧下さい。

青い棒が出会い系の検挙数ですが、逆に赤い方はfacebookなどのコミュニティサイトが元になっている犯罪検挙数です。

罪状は、つつもたせ(美人局)などの脅迫やサクラが行う詐欺などです。

どうですか?

コミュニティサイトの検挙数は、出会い系サイトと反比例する様に急激に上昇しています。

一体何故でしょうか?

勘の良い方ならもうお気付きかとは思いますが、その昔、出会い系サイトで暗躍していた連中が、その舞台をコミュニティサイトに移したからなんです。

これは「出会い系規制法」の制定によって警察が取り締まりを強化した事が大きな原因で、悪質業者は規制法の「対象外」であるコミュニティサイトへ場所を移動した訳です。

もちろん、大手の優良出会い系サイトが寄生する業者やサクラを徹底的に排除しているのも大きな理由の一つです。

ですから現在、コミュニティサイトを出会いの場として利用するのは非常に危険な行為なのです。

悪徳業者の思う壺な訳です。

そもそも、コミュティサイトを出会い系として利用するのは規約違反な訳ですが、それでも出会いの場のごとく利用しようとする人が後絶ちません!

つまりは、そういう、お行儀が良くない会員が悪質業者の絶好のカモになっている訳ですね。

逆に、大手で有名な出会い系サイトが出会いの場としては一番安全な場所と言うのが実は意外と知られていない現実なのです。

とは言っても、悪質な出会い系は未だ存在はしてますから、そういう所は論外ですよ!

もし、異性との出会いをお考えであれば規約違反までして安易にコミュニティサイトを利用するのではなくて、例え有料であっても料金が安い大手出会い系サイトを利用する事をオススメします。

その賢い利用法については関連まとめをご参照下さい。

以上、お読み頂きありがとうございました。

Facebookやmixiを出会い目的に使うのは非常に危険です!

  • 1