離婚せずに夫婦を修復するために必要なこと

夫婦が離婚せずに関係を修復するための方法をまとめました。

まめ奇知 さん

92 PV

結婚5年目の夫婦の離婚が多いと知っていました?

離婚までの期間は5年未満、中でも4年目を軸に3~5年がダントツに多い。

結婚して4年経過する頃に離婚する夫婦が最も多いって知っていましたか。
私たちのことかもと思った人は、今から離婚しないための夫婦関係を修復する方法を確認してみてください。

夫婦でこう感じたら離婚の危機!?

パートナーがあなたの要求(時間、愛情、性生活、子どもの世話や家事など)に対して、全く耳を貸さない

夫婦生活で、どちらか一方に比重が偏ってしまうと、破局する原因になるといいます。
「私は我慢しているのに、何であなたばっかり!!」と感じていたら離婚の危機かもしれません。

すれ違い以外にも注意!

親との同居で家族間の折り合いが悪くなる

相手からの言葉の暴力により精神的にダメージを受け、離婚となるケース

夫の浮気に我慢することなくアッサリと離婚を選択し、自立する人も多いようです。
また、最近は夫だけでなく妻の浮気も増えている

お互いの両親や家族との関係が悪かったり、相手からの暴力やモラハラが原因で離婚をする夫婦もいます。
夫婦関係が悪くなるのはすれ違いだけではなく、そうしたどちらかの過失によって離婚を選択せざるを得ない場合もありますので注意しましょう。

いまの夫婦関係を修復する方法は?

そんな思いをする方を生まないように私たちは、夫婦問題の解決に真っ正面から取り組みます。

すれ違っていると感じたら、まずは真っ向からぶつかってみるのも一つの手段です。そうすれば、何に相手が不満を持っているのかわかりますし、解決しなくてはならない問題がはっきりします。

夫婦の関係修復には、第三者として公平な立場で仲裁のできる人間を話し合いに参加させる

夫婦だけで話し合いをすると、よけいに喧嘩をしてしまって夫婦関係が悪くなったり、相手に一方的に自分の意見をぶつけたり、ぶつけられたり…と話し合いが上手くいかないこともあります。そんなときは、話し合いを仲裁してくれる人を間に置いて話し合いをするといいでしょう。

結局はお互いを思いやることが大切

一度は結婚した相手。この人と決めて結婚をしたのなら、相手のことをもう少し考えてみてはどうでしょうか。
夫婦関係を修復するのは簡単なことではありません。時間も必要ですし、相手への妥協も必要だったりします。まずは、相手または自分にどういった問題があるのか思いつく限りを挙げてみて、それから話し合いをしてみてはどうでしょうか。

  • 1