関東地方の軽自動車専門店【ケイドリーム、ガリバーミニクルetc…】

関東地方の軽自動車専門店【ケイドリーム、ガリバーミニクルetc…】

FC2USER898038CTK さん

380 PV

関東地方にある軽自動車専門店を纏めました。これで軽自動車の情報通に!

○軽自動車のメリット

重量税・保険料・年間のガソリン費用など、軽自動車にかかる費用は普通車(3ナンバー・5ナンバー)と比べると断然安くなります。
室内の広さは、昔の軽自動車と比べるとかなり広くなっています。軽自動車でも快適空間の車内を味わっていただけます
軽自動車であれば、普通車の通れないような狭い道も通れますし、小回りも利きます。また、遠出をするときも、燃費が安く安心してドライブを楽しむことができます。

ケイドリーム

軽自動車のトータルディーラーケイドリーム 激安・格安の軽自動車は軽ワゴン・軽バン・軽自動車・中古販売・軽自動車中古車情報
ネットオンライン販売好評中 、普通車でも即金買取!激安・格安の軽自動車に保証付きで販売。
“2002年6月17日 神奈川県相模原市で産声を上げました『ケイ・ドリーム』は
関東・甲信越エリア1都6県15店舗を展開するまでになりました。
これもひとえにお客様のご愛顧と取引業者様各位のご指導・ご鞭撻の賜物と深く感謝申し上げます。
軽専門トータルディーラーとして安心・信頼・格安の軽自動車をお届けして参りました。
今後も1円でもお安くご提供出来る様、従業員一同企業努力を続けて参ります。

これからも軽自動車は『ケイ・ドリーム♪』とお客様が言っていただける様な
「お客様が買いやすく」
「お客様が売りやすく」 
「お客様がアフターサービスを受けやすい」
お店作り 皆様から愛される「軽専門トータルディーラー!!ケイ・ドリーム」を目指して参ります。”

ガリバーミニクル

軽自動車専門店、ガリバーミニクル
日本最大級在庫台数 各種売り尽くしセール随時開催中
家族を送り迎えする時間、仕事に向かういつもの風景、買い物に出かけるときの気持ち。
私にぴったりの1台で、毎日の生活に彩(イロ)が増えていく。
軽のある生活に彩りを。

オートガレージ弁慶

あなたの愛車の良いところをプラス査定!
買取専門店だから、車両の状態やオプションパーツ等のプラス査定ポイントをしっかり評価します。
全国相場の最高値を基準に査定金額を算出。お客様にとって少しでも高い買取を目指します。
買取専門店だから、在庫リスクを最大限に抑え、大幅なコスト削減を実現。
その利益を買取価格に上乗せします!!

春日部周辺で軽自動車の新車・中古車をお探しなら、
地域に根付いた当Mステージに御用命ください。
お客様が乗って満足して頂けるお車をお届けしたいので、
オークション会場へ出向いて1台1台
自分の目で見て納得の行く中古車を仕入れています。
他店と比べてください。諸費用の安さ!!

クルマ・ポータルサイト GOO NET

中古車をはじめクルマの情報満載!Goo-net

2002年6月17日 神奈川県相模原市で産声を上げました『ケイ・ドリーム』は
関東・甲信越エリア1都6県15店舗を展開するまでになりました。
これもひとえにお客様のご愛顧と取引業者様各位のご指導・ご鞭撻の賜物と深く感謝申し上げます。
軽専門トータルディーラーとして安心・信頼・格安の軽自動車をお届けして参りました。
今後も1円でもお安くご提供出来る様、従業員一同企業努力を続けて参ります。

これからも軽自動車は『ケイ・ドリーム♪』とお客様が言っていただける様な
「お客様が買いやすく」
「お客様が売りやすく」 
「お客様がアフターサービスを受けやすい」
お店作り 皆様から愛される「軽専門トータルディーラー!!ケイ・ドリーム」を目指して参ります。

今後もサービスのさらなる拡充を目指してオリジナル商品を開発して参ります。
新サービスのラインナップは
新車に5年間のメンテナンスを全てセットにした「ぜんぶお任せセット」
2年間のスケジュール点検がお得なパックになった「ドリーム・メンテナンスパック」
購入もサービスを受ける時も特典満載なオリジナル自社カード「ケイ・ドリームカード」
ナビ・アルミ・ETC等取付費・消費税全てコミコミのお得なパック商品「各種パック販売」
日本全国どこでも最長5年まで保証を受けられるオリジナル保証制度「ドリームロング保証」
世界初!!汚れが水で落ちるJALエアテックコート!!超親水性防汚コーティング「ペタペタパック」
クリスタルガラスに匹敵する輝きと硬度のハイテクX1ボディーコート!!超撥水ガラスコーティング「コロコロパック」等
お客様にご満足いただけるカーライフのご提供の為にも更なるサービスを充実させて参ります!!

是非一度、お気軽にお近くの店舗までお越し下さいませ。
元気一杯フレッシュなスタッフ達がお客様を素敵な軽カーライフの世界へとご案内させていただきます。

そもそも軽自動車とは??

軽自動車(けいじどうしゃ)とは、日本の自動車の分類の中で最も小さい規格に当てはまる、排気量660cc以下の三輪、四輪自動車のこと。125cc超250cc以下の二輪車も指す。自動車は軽三輪、軽四輪、二輪車は軽二輪ともいう。

元来は日本国外のキャビンスクーター(英語版)などの一種であったが、現在はより本格的な自動車として別種のものと認識されている。

・日本の軽四輪
1956年

日本独自規格となる軽四輪は、道路運送車両法施行規則で定められており、現在の規格(1998年10月に規格改定)は、

全長 3,400mm(3.40m)以下
全幅 1,480mm(1.48m)以下
全高 2,000mm(2.00m)以下
排気量660cc以下[注釈 1]
定員 4名以下
貨物積載量 350kg以下

となっている。 なお、この条件を1つでも超えると普通自動車(登録車)の扱いになり「白地に緑文字」の自家用、または「緑地に白文字」の運送事業用での登録となる。この規格は日本への輸入車にも適用される(スマートやナノも排気量は660cc以内であるが、全幅が1,480mmを超えるため、日本に輸入されれば普通車扱いで登録される。日本の軽自動車規格車にエアロパーツ、オーバーフェンダーを装着して寸法が規格値を超えた場合、改造にて普通自動車に変更手続きをしなければ脱税行為となり処罰の対象となる)。

また、本田技研工業(ホンダ)のS500やS600は現在の軽自動車と同規格に当てはまるが、従前の360cc時代に生産された車両である関係上、新規登録時はこれらも同様に普通車扱いで登録される。

ナンバープレートの色は、自家用は「黄色地に黒文字」、事業用は「黒地に黄色文字」となっている(360cc時代の車両については小型のプレートに「白地に緑文字」(自家用)または「緑地に白文字」(運送事業用))。

<超小型自動車の沿革>

1910年代から1930年代にかけて、サイドカーを含む自動二輪車の延長線上、あるいは、三輪を含む自動車のダウンサイズ版として、それらのギャップを埋める簡易車両が多数誕生した。その後、オースチン・セブン(1922年 - 1939年)やシトロエン・5CV(1922年 - 1926年)に代表される、「まともな」四輪大衆車の量産化による高品質と低廉な価格を前にしては競争力は最早なく、急速に衰退している。

第二次世界大戦後、敗戦国を中心に、二輪車や航空機の余剰部品や材料を利用した簡易車両が庶民の足として生まれ、経済復興とともに再び隆盛を極めた。日本と同じく第二次世界大戦における敗戦国であるドイツやイタリア、植民地運営が行き詰り、不況となったイギリスやフランスなどにも見られた。

自動車史では、これらの車両をサイクルカー、キャビンスクーター(独語ではカビネンローラー)、バブルカー、マイクロカーなどと呼び、現在では、自動車趣味の一ジャンルとして定着し、大切に保存されている。

現在では発展途上国の手軽な移動手段としてのほか、省資源の観点から先進国でも超小型自動車を見直す気運が高まりつつあり、新規開発も増えている。

日本の軽自動車は規格としては1949年(昭和24年)に戦後の経済成長の一助となる事を目指して成立した。当初から運転免許証も普通車、小型車とは区別され、時期や地域によっては、実地試験が免除となり、費用負担も少ない「軽限定免許」なる優遇措置が存在したが、当時のモータリゼーションの主力および市場の需要はもっぱらオート三輪やオートバイに集中しており、軽四輪自動車の本格的な製造販売を手掛けるメーカーはなかなか出てこなかった。軽規格自体も1954年(昭和29年)までほぼ1年おきに改正・拡大を繰り返すような有様で、実際に実用的な規格として固まり、その存在が国民に認知されるようになるのは、通商産業省(現・経済産業省)の国民車構想が週刊誌によってスクープされる1955年を待たねばならなかった。この時代までに軽四輪自動車の製造販売に挑戦した少数の零細メーカーはほとんどが商業的に失敗するか、資本の限界で製造の継続ができなくなるなどの理由で、ほどなく市場からの撤退を余儀なくされている。

ケイドリーム 税金について

車を購入した時には必ず必要となるのが「車両本体価格」の他に諸費用。
諸費用とは、自動車の登録時に必要となる各税金や保険代などの法定費用と、その手数料のこと。
諸費用の詳細について説明。

・自動車税
排気量によって課税される、都道府県税。
納税は毎年4月だが、年度の途中で購入した場合は、登録の翌月から年度末までの金額を納税する。

・自動車取得税
車を購入し、登録するときにかかる都道府県税。
税率は「取得価格の5%」(軽自動車は3%)と決められている。
新車の場合、車両本体価格+主要オプションの価格の9割から、1,000円未満を切り捨てた金額が取得価格となり、その価格に税率がかけられる。
中古車の場合は、新車時の取得価格を基に年式によって算出された金額に対して税がかけられる。

例) 新車時の価格が300万 3年中古の自家用乗用車の場合
300万×0.9×0.316 = 853,200 ←これに対して税がかけられる。

なお、取得価格が50万円以下の場合は、取得税は免除される。

・自動車重量税
車の車両重量に応じて課税される国税。
車検時のみに納税する義務があるため、車検が残っている中古車を購入するときは必要ない。
しかし、購入時に車検を通す中古車の場合は必要となる。

・自賠責保険料
正しくは、自動車損害賠償責任保険という。車の所有者(または使用者)が必ず加入しなければならない保険のため、一般には「強制保険」とも言われている。
車検残のある中古車の場合、その分の保険料を販売店に支払うのが一般的。

・消費税
車両本体価格をはじめ、オプション装備や付属品、登録手数料など、ほとんどのものに5%の消費税が課税される。課税されないのは法定費用のみとなる。
しかし、車検残のある中古車を購入するときには、自動車税や自賠責保険料の「月割相当額」も課税対象になる。

・リサイクル料金
自動車リサイクル法に基づき、自動車購入時(預託済みの場合は不要)に支払うリサイクルのための費用。料金は車種、車体ごとに異なる。詳しい金額は各自動車メーカーのHP等で確認することが出来る。

軽自動車のメリット

軽自動車には購入価格が安いというメリット以外にも多くのメリットがあります。

税金面での優遇措置

軽自動車は登録自動車と比べ、圧倒的に税金面で有利です。
以下に、登録自動車で一番排気量の少ないクラスと比較しても、その差は歴然です。
税金名

軽自動車

登録自動車
( 1000cc以下)
自動車取得税


3%

5%
自動車税
(2年)

乗用 年7200円
貨物 年4000円

29500円
自動車重量税
(2年)

8,800円

12600円


保険が安い
自賠責保険料が2年で13260円となっており、1000ccクラスの登録車の29780円と比べても半額以下になっています。
また、任意保険も同様に、登録自動車と比べ安くなっています。


燃費が良い
登録自動車と比べ、燃費がよく、ガソリン代も比較的安く済ませることが出来ます。


場所をとらない
車両が小さいため、車庫入れがスムーズです。
ちょっとした、買い物も便利で、セカンドカーとして利用する人が多いです。
道が狭く、車が多いに日本にピッタリの車とも言えます。


高速料金が安い
軽自動車は高速料金も安いのです。


登録に車庫証明や印鑑証明も不要
軽自動車には、一部の地域を除き、車庫証明の提出義務がありません。
また、登録の際に印鑑証明も不要なので、登録自動車と比べ、手続きも比較的簡単です。

日本の軽自動車

日本独自規格となる軽四輪は、道路運送車両法施行規則で定められており、現在の規格(1998年10月に規格改定)は、

全長 3,400mm(3.40m)以下
全幅 1,480mm(1.48m)以下
全高 2,000mm(2.00m)以下
排気量660cc以下
定員 4名以下
貨物積載量 350kg以下

となっている。 なお、この条件を1つでも超えると普通自動車(登録車)の扱いになり「白地に緑文字」の自家用、または「緑地に白文字」の運送事業用での登録となる。この規格は日本への輸入車にも適用される(スマートやナノも排気量は660cc以内であるが、全幅が1,480mmを超えるため、日本に輸入されれば普通車扱いで登録される。日本の軽自動車規格車にエアロパーツ、オーバーフェンダーを装着して寸法が規格値を超えた場合、改造にて普通自動車に変更手続きをしなければ脱税行為となり処罰の対象となる)。

また、本田技研工業(ホンダ)のS500やS600は現在の軽自動車と同規格に当てはまるが、従前の360cc時代に生産された車両である関係上、新規登録時はこれらも同様に普通車扱いで登録される。

ナンバープレートの色は、自家用は「黄色地に黒文字」、事業用は「黒地に黄色文字」となっている(360cc時代の車両については小型のプレートに「白地に緑文字」(自家用)または「緑地に白文字」(運送事業用))。

・成立までの経過
軽自動車の発展は、まだ日本の自動車普及率が高くなかった1950年代のモータリゼーション推進と日本の道路事情に見合った車の開発をめざした「国民車」構想の延長にあると、従来言われてきた。しかし実際にはこの構想において成功した自動車メーカーは皆無であった。富士重工業における「スバル360」の開発は「軽自動車の枠で、普通乗用車と同じ能力を」という前提で開発されており、最初から国民車構想をさらに上回る企画であった。

また平均的日本人における成人男子の体格が世界的に見て小柄であったことも、同車種が日本国内の市場に受け入れられた遠因に挙げられているが、当時のスバルやホンダの軽自動車がほぼエンジンのみを拡大して450 - 600ccとし、そのまま北米などに輸出され好評であったことから、欧米人の体格でも日本の軽自動車サイズで問題はなかった。

過去3度における大幅な規格拡大も、排気ガス抑制のための4サイクルエンジンへの移行促進(360cc→550cc)、高速道路網の拡張への対応やカーエアコンの普及による馬力荷重の悪化(550cc→旧660cc)、衝突安全性の確保(旧660cc→新660cc)などが主たる理由である。

スバル360と同時期に発表されたイギリスの「BMC・ミニ」は、エンジンこそ850ccであったが、室内容積は日本の軽自動車と同等であった。