特撮ヒーローのコラボレーション

ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊など、日本には数多くの特撮ヒーロー番組が存在します。そんな特撮ヒーローの中には、他のタイトルとコラボレーションしている作品がいくつかあります。そうしたヒーロー達の夢の競演を集めてみました。

FC2USER681706DVI さん

197 PV

ウルトラマンVS仮面ライダー

1993年に作られたオリジナルビデオ作品。円谷プロダクションのウルトラマンと、東映の仮面ライダーが会社の枠を越えて競演するという夢の作品です。タイトルにVSとありますが、別にウルトラマンと仮面ライダーが戦うわけではありません。身長40メートルのウルトラマンと、等身大の仮面ライダーがどう競演するのか不思議に思うかもしれませんが、作中終盤で仮面ライダーは何の説明も無しに巨大化します。夢の競演作品で、細かなツッコミをするのは野暮という事かもしれません。

有言実行三姉妹シュシュトリアン 40話 (feat.ウルトラマン)

有言実行三姉妹シュシュトリアンは、1993年に放送されていた、東映の不思議コメディーシリーズ。山吹家の三姉妹がシュシュトリアンという戦士に変身して、妖怪退治を行うという内容。その40話では、何と円谷プロダクションのウルトラマンとの競演が実現しています。ウルトラマンに変身するおじさんを演じたのは、ウルトラマン本編で主人公ハヤタ隊員役だった黒部進氏です。ちなみに、このコラボは円谷プロダクション側からの打診だったとの事。円谷プロダクションのその自由さは素晴らしいです。

爆竜戦隊アバレンジャー 26話 (feat.釣りバカ日誌)

スーパー戦隊シリーズ27作目の爆竜戦隊アバレンジャー。その26話では、釣りバカ日誌とのコラボが実現しています。ただし、釣りバカ日誌は西田敏行演じる実写版ではなく、何とアニメ版。三次元のアバレンジャーと、二次元の釣りバカ日誌が競演する様は、あまりにシュールです。このコラボが不評だったのか、以後二次元と三次元のコラボは無くなりました。

仮面ライダー電王+しん王

平成仮面ライダー8作目の仮面ライダー電王と、クレヨンしんちゃんがコラボしたスペシャルアニメ。アバレンジャーでの反省を踏まえてか、仮面ライダー側を二次元アニメにするという手法を取っています。電王を演じているのはベテラン声優の関俊彦氏なので、アニメになってもほとんど違和感がありませんでした。

仮面ライダーディケイド 24・25話 (feat.侍戦隊シンケンジャー)

平成仮面ライダー10作目を記念して作られた仮面ライダーディケイドは、これまでの仮面ライダーの世界を旅するというお祭り作品です。その24・25話は、仮面ライダーの世界ではなく、同年に放送されていたスーパー戦隊、侍戦隊シンケンジャーの世界に行くという特別編でした。同じ東映作品でありながら、仮面ライダーとスーパー戦隊がテレビで競演したのは初めての事で、両ヒーローが並び立つ姿には興奮しました。しかし、以後は毎年のように仮面ライダーとスーパー戦隊が競演するようになってしまったので、スペシャル感が無くなってしまったのは残念です。

劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル (feat.暴れん坊将軍)

平成仮面ライダーの12作目である仮面ライダーオーズ。その劇場版では、主人公達が江戸時代にタイムスリップし、暴れん坊将軍こと徳川吉宗と共闘するという驚きの展開がありました。将軍様を演じたのはもちろん松平健氏。生身でありながら、敵怪人をバッタバッタとなぎ倒す将軍様の勇姿が見られます。

  • 1