縮毛矯正後のシャンプー5つの注意点とおすすめの方法

縮毛矯正は高いので、少しでも長く維持したいですよね。
そのため、縮毛矯正後のシャンプーで悩んでいる方がたくさんいます。
どうしたらいいか、方法をお伝えします。

更新日 2015年04月17日

FC2USER730624ZYN さん

192 PV

1.縮毛矯正後の当日24時間はシャンプーしない

24時間以内は、まだ酸化剤での再結合が不安定な状態です。
施術後すぐに自宅でシャンプーしたら、高いお金をかけて行った縮毛矯正が取れやすくなります。薬剤が定着するまで24時間は間を空けてからシャンプーしましょう。

2.弱酸性、アミノ酸系のシャンプーを使う

ラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸Na、オレフィン(C14-16)スルホン酸Naなどの成分が含まれた市販の高級アルコール系シャンプーは、洗浄力が強いため、髪を余計に傷める可能性があり、適していません。弱酸性、アミノ酸系のシャンプーなら、パーマでアルカリ性になった髪を中和してくれるのに役立ちます。

3.ピンやゴムで髪を留めない

不安定な髪の内部が耳にかけることによって、耳にかけたその通りにクセがついてしまいます。
ピンもそうですし、ゴムなどで結んでしまってもその通りに癖がついてしまいます。
せっかく綺麗にストレートになったのに、耳にかけた癖がいつまでも付いて回ると悲しいですよね。

4.シャンプーするときは、こすらず優しく洗う

縮毛矯正後の髪は非常に傷んでいます。だからこすったり激しく洗ったりすると、余計に傷んでしまい、縮毛矯正の維持にも影響します。
優しく洗ってトリートメントも行いましょう。

5.シャンプー後のドライを素早く終え、髪をいたわる

シャンプー後の髪は、キューティクルが開いて、ダメージを受けやすくなっています。ダメージを余計に受けないように早めにドライしましょう。そして、できれば洗い流さなくて良いトリートメントを付けて、髪をいたわってください。

縮毛矯正は、技術力の必要な施術。信頼できる美容院を選ぼう

縮毛矯正は、美容師の腕でクオリティが変わります。
信頼できる美容院を選んで行ってもらいましょう。

  • 1