AGA治療薬プロペシア

AGA治療薬として世界60ヶ国以上で服用されている「プロペシア」の成分や効果などをわかりやすく説明してみました。

更新日 2015年03月10日

FC2USER039498MFJ さん

25 PV

AGA治療薬『プロペシア』について

プロペシアは、AGA(男性型脱毛症)の進行を抑制する経口薬

つまり飲む育毛剤です。


米国メルク社が開発し

日本ではメルク社の日本法人であるMSD株式会社から発売されています。


国内製のプロペシアの購入には医師の診断・処方が必要です。

プロペシアの有効成分はフィナステリドで

5a還元酵素の働きを阻害します。AGA(薄毛)の主な原因物質はDHTで

DHTは男性ホルモンのテストステロンから5a還元酵素によって生成されます。


フィナステリドが5a還元酵素の働きを阻害しDHTの生成を抑制するので

AGA改善の効果が期待できるわけです。

プロペシアの服用方法



飲むタイミングの制約はなく
アルコールの影響もありませんが
やはり朝か昼をお勧めします。

プロペシアの効果を感じるにはある程度時間がかかります。

効果の有無を判断するには、最低でも6か月以上服用を継続する必要があります。

プロペシアの副作用

プロペシアの副作用として、性欲減退、ED(勃起不全)、

肝機能障害が報告されています。発症率は低く、

必要以上に心配することはありません。


大事なのは、正しい服用法を守ることです。


万が一、異常が認められた場合は医療機関に相談して下さい。

プロペシアの注意点

女性は服用しないで下さい。

妊娠中の方や授乳中の方は特にです!!

胎児に悪影響を及ぼす恐れがあります。



プロペシアは割って服用しないでください。



肝臓機能に障害がある人は

服用を控えてください。

それでも摂取したい方は

医師に相談した上で服用してください。

プロペシア関連サイト

  • 1