世界中の観光地が中国人のマナーの悪さに大激怒!

中国人のマナーの悪さが世界中で問題になっています。観光地での怒りの声を拾ってみました。

kokaneewadokonee さん

223 PV

ルーブル美術館(フランス)

パリにあるフランスの国立美術館。世界最大級の美術館であるとともに世界最大級の史跡のひとつ
先史時代から19世紀までの様々な美術品35,000点近くが展示されており、総面積60,600平方メートルの展示場所で公開されている。

ミロのヴィーナスや

モナリザの微笑みで有名

ルーブル美術館の外側周辺には、「やたらに大小便をしないように」という中国語の注意書きがある。

ワットロンクン(タイ)

観光客に最近人気のチェンライにある寺院
建設は1997年から始まったそうで、非常に新しい寺院です。

ちょっとおどろおどろしいモチーフが特徴です

ワット・ロンクン(ホワイトテンプル)が、中国人観光客の入場を一時的に禁止した。寺を訪れた中国人たちは小便器でウンコをしたり、手ふき用の紙タオルを大量に持ち去ったり、さらには使用済み生理用ナプキンを壁に張り付けたりしていったというから、本当にひどい。

現在では中国人ツアー客がトイレを使う際は必ずツアーアテンダントを同行させ、汚したり壊したりした場合はアテンダントに掃除をさせるという。

ヴェネツィア(イタリア)

「アドリア海の女王」「水の都」「アドリア海の真珠」などの別名をもつ。

観光エリアの入り口には、「中国人観光客は、観光地でむやみにゴミを捨ててはならない」「観光地で甲高い声で騒いではならない」「観光地でむやみに落書きしてはならない」」という3つの注意書きが中国語で表示されている。

トリーア(ドイツ)

ドイツ南西部、隣国ルクセンブルグとの国境近く
起源は非常に古く、紀元前に建設されたドイツでも最古の都市と言われています。

マルクスの旧居には、「飲食・喫煙を禁止する」と中国語で書かれている。

  • 1