キャッシングで審査が甘いところは?

お金が借りたい・・・
けどなかなか貸してくれるところがない・・・
そんな方にキャッシングで審査の甘いところをズバリご紹介

更新日 2015年02月15日

FC2USER794955ICH さん

416 PV

審査が甘いキャッシングについて

様々あるお金の借入れの手続きの視点から見てみると、その審査もまた多様にあるとことがわかります。

一口にキャッシングと口々にいっても、銀行系のものであったり大手のカード会社のものであったり、さらに個人のものなどあります。

これらを比較した際、当たり前に、手続きが幾分あまい会社、通りづらい会社と、はっきり分かれます。

まず初めに、同時に借り入れる数は、多くて3社というのが目安です。

お金の借入れ会社が3社以内で、借り入れ金額が年収の3分の1以下であれば、銀行系でも手続きに通る割合いは高いといえます。

銀行はどの業者よりも利息が低めに設定していますので、利用するなら金融機関系がベストです。

借り入れ件数がもし4件を上回っている場合、銀行系は難しくなるといえます。

ですが、2006年以降の出資法等や貸金業規制法の法改正により、利子が下げられ、銀行系では手続きがパスしずらい傾向にあります。

金融機関もで、もっと審査項目に対しては通りづらくなってきているはずです。

手続きの簡単な会社と人気の業者でも、安易に申し込めばよいわけでもないです。

もし、事前にそのキャッシング会社に関して情報を調査せずに申し入れをし、審査項目に通らなかった場合、その個人情報は個人信用情報機関に保存されます。

信用情報機関に記録される期間は3ヶ月~6ヶ月です。

その期間、個人信用情報機関の情報が汚れてしまうこととなってしまします。

汚れたからといって必ず借りられないということでもありませんが、その記録を閲覧するキャッシング会社の審査基準には、当たり前に、多かれ少なかれ影響があるでしょう。

割と幾分甘いといわれる審査基準を持つ会社でも、個人信用情報機関に個人記録が登録されるいることにより融資を受けられなくなるということも起こってくる可能性がでてきます。

キャッシングの審査と属性

融資を利用する際は、ご利用する業者の審査を受け、そのキャッシングサービスの審査に通過する必要があるのです。

そうなると、そのような審査において、使用する人のどの部分が見られるのか。

キャッシング会社は審査を受け取ると、最初、自分の会社の登録リストに申込みした方がもう登録済みかどうなのか、ってことを調べます。

審査基準を通過すると、信用情報機関等に問い合わせて、キャッシングサービスを受けようとしている人の記録があるかどうなのか調査に移ります。

続いて、キャッシングサービスを受けようとしている人の歳や以前の使用履歴というような個人に関する情報の要素からも確認していくのです。

そこから、借り入れを利用させるか否か、いくらまでのお金の貸出しを認めるか等を審査していきます。

審査をパスすることで、キャッシュカードが発行され、キャッシングサービスを活用することが可能となるのです。

お金の借入れの申し込みには、自分の個人情報に関するものをすべて晒すつもりで望まなければなりません。

自分のことは当然ですが家族のことやお仕事や住居の環境なども審査の項目に追記が必要です。

金融会社の厳しい審査では、そういう項目のことを属性と呼び、中でも、とりわけ重要とされる属性があります。

その項目に問題が出てしまった場合は、難しい審査を受かる割合いは低くなってしまいます。

重要とされる属性とは、その方がいったいどういう人なのかと審査することができ、さらに裏付けがとれるものについては重要とされる流れがあるようです。

その中でも、収入レベルがわかるような属性も重要とされます。

年収は重視されるだろうと思う人も多いようですが、本当は、月収は自分で申告することができるものなため、年の収入自体確認がわからない限りは重要とされるものでないのです。

事実でない金額の報告もできる項目ですから、確認できるものより重要とされることはないです。

さらに、職種では、中でも「離職率が少ない」職種であれば、審査には有利となります。

公職などがその例で、加えて次ぐものでは安定があるサラリーマンなどです。

審査に不利となってしまう職業の種類としては逆で、「転職しない職種」です。

サービス業や、日雇い、自営業や、漫画家なども、安定しているとは見られずらく、審査は通りにくくなります。

その一方で住宅の面では、私有の家であるかどうかは間違いなく注目されるが、それと同時に、住んでる年も非常に重要視されます。

豪華な家に住んでいるかではなく、どのような家であろうがずっと住んでいるほうが審査そのもの自体は有利です。

長く住んでいると、信用を持てると評価されるのです。

キャッシングの審査基準をパスするには・・・

お金の融資を受ける時には、お金の融資を受ける業者のチェックを受け、各キャッシング会社の決められている審査基準をパスするのが必須です。

そうした審査の中で、申込者のどういったデータが審査されるのでしょうか。

キャッシングサービスを認めるかの判断の、基準はどんな箇所にあるのか。

お金を貸す金融会社は、審査の申込者のデータを基に融資の可否の判断を行います。

判断されるひとつひとつの項目は、属性と言われることがあるのです。

自らのことや両親のこと、仕事の情報、居住地の情報を評価するのです。

属性はたくさんありますから、重要視されるものとそうでないものというのが存在します。

特に重く見る属性と呼ばれるものには、審査依頼した人の年齢や審査依頼した人の職種、今、住んでいる場所の期間など、あなたの所得を調査できるものが存在するのです。

収入状況が判断でき、かつ確認ができるものについて、とりわけ重要な属性と呼ぶことができます。

その重視されている属性の項目の中で「年齢」については、キャッシング会社は原則、中心の利用者年齢を成人を迎えた年齢から30歳代を狙っていますが、その主な利用者の中でも家族を持っていない人の方を優先しているはずです。

一般的な世間においては家庭を持っていない人よりも家庭を持っている人の方が信用があるはずですが、カード会社では、家庭を持っている人より使えるお金があると考える事ができるため、独身者を既婚者よりも契約されやすいことがあるそうです。

加えて、歳は上になればなるほど審査には厳しくなっていってしまうのです。

キャッシング会社側が、それなりの年齢なのに蓄えなどがないのはおかしいのではないかと審査されてしまうようです。

住宅ローンを抱えていることなどあるので、契約の承認をするかの否かの審査にはシビアになるのです。

  • 1