宇宙人はいる!?米空軍UFO機密文書がウェブで公開!

米空軍のUFO機密文書がインターネット上に公開されたことで、話題を呼んでいます。宇宙人はやっぱりいるんでしょうか?

kokaneewadokonee さん

318 PV

米空軍のUFO調査記録『プロジェクト・ブルーブック』

UFOへの一般的な関心が高まる中でエドワード・ルッペルト大尉はプロジェクト・グラッジを再編し、1952年にこれを「プロジェクト・ブルーブック」と改名した。

米空軍のUFO調査記録「プロジェクト・ブルーブック」が情報開示され、ウェブ上で誰でも閲覧できるようになりました。同調査は、1947~1969年に行なわれたもので、1万2618件に上るUFO遭遇事例が対象となっています。

公開されたのは『プロジェクト・ブルーブック』と名付けられた米空軍の極秘プロジェクトで、1947年から69年の22年間にわたる報告書です。機密指定期間が過ぎていたこともあり、これまでも米国立公文書館で公開されていましたが、報告書の全容がネット上で、地球上の誰でも閲覧できるようになった意義は極めて大きいと言えますね

気になる調査結果は?

記載されている1万2619件のUFO事件の約95.5%は、気球などの無人観測機や各種航空機、火球と呼ばれる大きな流星の見間違いであり、空軍の公式見解として『説明可能』なものと報告されています

チドリの群れだった可能性が高いとのこと

しかし、残りの5.5%にあたる701件に関しては、米空軍をもってしても「未解決で説明不可能なもの」と結論付けられているという。

本来、「プロジェクト・ブルーブック」の報告書は14,000件以上あり、「未解決・説明不可能なもの」とされたケースも1,600件を超えるはず

出典 TOCANA

報告書を閲覧していると、黒塗りにされている部分が多いことに気づくだろう。そこには、機密指定期間を過ぎてもなお公開することのできない、極めて重要な情報が隠されていると考える研究家もいるようだ。

出典 TOCANA

アポロ14号の宇宙飛行士を務めたエドガー・ミッチェル博士(航空学と宇宙航行学)も、「米政府はエイリアンの存在を隠ぺいしている」と指摘している。

  • 1