[人生の教訓]ヘレン・ケラー名言!

ヘレン・アダムス・ケラー(Helen Adams Keller)
生年月日:1880年6月27日
出身地:アメリカ合衆国・アラバマ州タスカンビア
職業:教育家・社会福祉活動家・著作家
最終学歴:ハーバード大学

tonsonmatsu さん

105 PV

私たちにとって敵とは「ためらい」です!自分でこんな人間だと思ってしまえば、それだけの人間にしかなれないのです!

世の中はつらいことでいっぱいですが、それに打ち勝つことも満ち溢れています!

言葉というものがあるのを、はじめて悟った日の晩!ベットの中で、私は嬉しくて嬉しくて、この時はじめて「早く明日になればいい」と思いました!

顔をいつも太陽のほうにむけていて!影なんて見ていることはないわ!

世界で最も素晴らしく、最も美しいものは、目で見たり手で触れたりすることはできません!それは、心で感じなければならないのです!

うつむいてはいけない!いつも頭を高くあげていなさい!世の中を真っ正面から見つめなさい!

あきらめずにいれば、あなたが望む、どんなことだってできるものです!

自分でこんな人間だと思ってしまえば、それだけの人間にしかなれないのです!

はじめはとても難しいことも、続けていけば簡単になります!

人生はどちらかです!勇気をもって挑むか、棒にふるか!

盲目であることは、悲しいことです!けれど、目が見えるのに見ようとしないのは、もっと悲しいことです!

大きな目標があるのに、小さなことにこだわるのは愚かです!

もしも、この世が喜びばかりなら、人は決して勇気と忍耐を学ばないでしょう!

人々の思いやりがあれば、小さな善意を大きな貢献にかえることができます!

ひとつの幸せのドアが閉じるとき、もうひとつのドアが開く!しかし、よく私たちは閉じたドアばかりに目を奪われ、開いたドアに気付かない!

幸福は自己満足によってではなく、価値ある目標に忠実であることによって得られる!

世界を動かすのは、英雄の強く大きなひと押しだけではありません!誠実に仕事をするひとりひとりの小さなひと押しが集まることでも、世界は動くのです!

孤独な魂に出会うと、自由と知性のあふれる世界にかならず導いてあげる、それが愛!

いく先々で出会うみなさんの思いやりのおかげで、ものごとがいつもうまく進んでいきます!

他人の人格について語る時ほど、自分の人格を露呈することになります!

みんながみんなのために働く、それがほんとうの愛国心!

自分はこの程度の人間だと思った瞬間、それ以上の人間になることが出来なくなります!

自分の欠点を直視し認めることです!ただし欠点に振り回されてはいけません!忍耐力、優しさ、人を見抜く目を 欠点から学びましょう!

人生がもっとも面白くなるのは、他人のために生きている時です!

十分な時間をかけて努力を続ければ、成し遂げられないことなどないのです!

目に見えるものは移ろいやすいけれど、目に見えないものは永遠に変わりません!

幸せとは、視野の広い深遠な知識をもつことです!その知識とは、嘘と真実、低俗なものと高尚なものを見分ける力です!

私は自分の障害に感謝しています!自分を見出し、生涯の仕事に出会えたのもこの障害のおかげだからです!

第六感は誰にもあります!それは心の感覚で、見る、聴く、感じることがいっぺんにできるのです!

元気を出しなさい!今日の失敗ではなく、明日訪れるかもしれない成功について考えるのです!

  • 1
  • 2