人生最期のセレモニー~あなたはどうしたいですか?~

人生最期のセレモニーといえばお葬式です。最近は家族葬など身内だけの葬儀が増えているようです。最近の葬儀の傾向と大分の葬儀社を調べてみました。

おちぐそ さん

27 PV

最近の葬儀の傾向

今までは大勢の会葬者に来ていただく葬儀が主流でしたが、最近は家族葬や火葬だけを行う直葬や無宗教葬などが増えているようです。

【無宗教葬】 ~僧侶・神主・牧師など、宗教者を呼ばない葬儀~
葬儀で「無宗教」というのは宗教を信じないというのとは異なります特定の宗教宗 派によらない方式という意味です。自分は仏教、神道、キリスト教の何かをとくに信 じているわけではないし、その宗教宗派に所属してもいないので、自由な方式で葬儀 を行いたい、それが無宗教の葬儀なのです。
【自由葬・手づくり葬】
宗教者を呼ぶ、呼ばないに関わらず好きな音楽や生前の ビデオを流す.祭壇をオリジナルの物にする、思い出のコーナーを作りスナップ写 真 を飾るなど、故人らしさを演出する方法もあります。
【密葬】
密葬とはその字のごとく密かに葬ること、人々に告知せず、ごく身内で行う葬儀 のことです。最近の葬儀の「簡素化」傾向にも通じる形態です。 また、後日行う正式な「本葬」の前の、死後直後の「密葬」という使い方もありま す。したがって、密葬だけの場合と、密葬の後に「お別れ会」や「偲ぶ会」「社葬」 などを行うケースがあります。

無宗教葬や自由葬などで宗教者を呼ばない場合はお経はなく、献花や献歌、ギターを演奏したり友人が思い出を語ったりなど自由な葬儀を行うようです。
人生最期のセレモニー、あなたならどうしたいですか?

大分の葬儀社を調べてみました

少子高齢化に伴い葬儀社も増えてきています。
プランや予算も葬儀社によって違います。
不幸があった時に慌てて探すより、今から調べてみることも必要ですね。
備えあれば憂いなしです。

「あの曲をかけて欲しい」とか「棺にこれを入れて欲しい」とか「お骨は粉骨して海にまいて欲しい」など、自分が亡くなった時にして欲しいことを遺言書に書き留めたり家族に話したりしている人が増えてきているようです。
あなたも今から考えてみては?

  • 1