アトピー対策の漢方

皮膚がカサカサして痒いのが辛いアトピー性皮膚炎。
掻きむしって悪化するとグジュグジュしてもっとつらくなりますね。
いろんな治療法がありますが…脱ステしたい人、漢方療法はいかがですか?

みなっちさん さん

137 PV

アトピー性皮膚炎とは…

アトピー性皮膚炎(アトピーせいひふえん、英語:atopic dermatitis)とは、アレルギー反応と関連があるもののうち皮膚の炎症(湿疹など)を伴うもので過敏症の一種。アトピーという名前は 「場所が不特定」 という意味のギリシャ語 「アトポス」 (atopos - a=不特定、 topos=場所) から由来し、1923年 コカ(coca) という学者が 「遺伝的素因を持った人に現れる即時型アレルギーに基づく病気」 に対して名づけた。

アトピー性皮膚炎の治療薬は主に3種類。
・外用薬(塗り薬)
 ステロイド外用薬や免疫抑制外用薬
・内服薬(飲み薬)
 抗ヒスタミン剤や抗アレルギー薬、ステロイドや免疫抑制薬の飲み薬
・保湿剤

ステロイド剤での治療は不安が…

症状が酷い場合はまずステロイド剤で抑えることも大事ですが、長く使うのは不安ですよね。
最近では漢方治療も注目を集めています。

1.ステロイド軟膏を付けると赤みかゆみはひくが、軟膏塗布しないとまた赤くかゆくなる。
または最強のステロイドをつけているが、赤みかゆみともに改善しない。

2.だんだんと強いステロイドまたはプロトピックをつけないとコントロール出来なくなってきた。
なんとか弱いステロイドに移行減量し、できればステロイド離脱したい!

3.自分で脱ステしたが、自己流の治療や民間療法を続けてもいっこうに赤みかゆみは改善しない。
しかしステロイドは副作用が怖くて戻りたくない。

アトピー性皮膚炎の治療に漢方を取り入れている医院をまとめました。

アトピー性皮膚炎は痒いだけじゃなく、カサカサジュクジュクした見た目もストレスになりますよね。
治療して長年の悩みから解放されましょう。

  • 1