【ネタバレ】「出発」がもっとよくわかる小ネタまとめ

2014年7月上演の「出発」(作:つかこうへい、脚色演出:錦織一清)に出てくる、ちょっとわかりにくかったかもしれない小ネタ・その他をまとめます。(主に若年者向け・昭和ネタ)
※随時追加します。

agnes keiko さん

457 PV

DAMのカラオケでは、この番号は布施明の「君は薔薇より美しい」
合ってます蛾次郎さん!

茶柱の一つも立てようと気を配ったものです

茶葉の茎の部分が湯呑の中で立っている状態が茶柱。
茶柱が立つと縁起が良いとされている。

シャケのベイビー

内田裕也の「シェキナベイビー」のもじり。
次男がかぶっているカツラは内田裕也の現在の髪型と大体同じである。
多分キャップを被るとtrfのDJ KOOになる。

スーパーマン

アメコミ初のヒーロー。クリプトン星からカプセルに入れられた赤ちゃんが地球に到着し、それを拾った夫婦がクラーク・ケントと名付け、成長し、新聞社の社員とスーパーマンという二重生活を送っている。
クリプトン星は、カプセルが放たれた後に爆発しているので、残念ながらスーパーマンの故郷はない。

マイ・ウェイ

元々はフランク・シナトラがヒットさせた曲だが、多くのカバーバージョンがある。
劇中で使われていたのは、Gipsy Kingsバージョン。

また脱法ハーブ?

あっ!レッドブルのお姉さんが!

どこからか街角に現れて、レッドブル現品やらノベルティやらを配っているらしい。
かなり可愛いと評判。

ツグミが来ているのか!

ツグミは夏はシベリアで過ごし、冬に越冬のため日本にやってくる渡り鳥。

題経寺の洗いざらしの半纏着てくるから、あたしもう恥ずかしくて

題経寺は、映画「男はつらいよ」に出てくるお寺。
正式名称は経栄山題経寺。通称柴又帝釈天。
もちろん佐藤蛾次郎が演じる源吉が寺男を務めるお寺である。
半纏は、六助とみどりが船に乗って旅立つシーンで、蛾次郎さんが着ていました。

アッチョンブリケ