少年達をある意味熱くさせた!少年誌のちょっとHな漫画の歴史

更新日 2014年05月15日

FC2USER252891LBF さん

18895 PV

少年誌のソフトエロ漫画

出典 http://tyoierogame.blog75.fc2.com/blog-entry-3094.html

当時、少年誌ではタブーであった性描写を取り入れた永井豪の出世作
いわゆる少年誌エロ漫画の元祖です
因みに作中で出てきたスカートめくりが学校で流行ったそうで

手塚治虫が少年誌で連載した問題作の1つ
当時神奈川県では有害図書にまで指定された

戦う女主人公作品の先駆け的な存在
たぶん変身シーンで裸になる描写もこれが発祥

なんとあのサーキットの狼の作者である池沢さとしの作品
人気が無かったのか途中からお色気路線に変更したところ
当時のジャンプとしては異例の16巻まで続いた

永井豪の功績としては、月刊の少年誌には
必ずソフトエロ漫画があるということを決定的にさせていったことでしょう

黄金期の80年代

上記のけっこう仮面同様顔しか隠さないまっぱのヒロインが暴れる漫画
共通点は多く姉妹作品的な感じですねー

アニメ化もされた有名作品
作者はなんと!元藤子不二雄専属アシスタントである
なんでも親子で見れる健全なエッチ漫画を目指していたとか

ソフトエロ漫画の宝庫であった月刊少年マガジンで一番有名なのがこれでしょう
主人公がイクラを食って透明に!そしてあんなことやこんなこと

主人公が小さくなんてあんなことをする漫画です
因みにこちら、復刻する見込みが無いためかやけにプレミアが付いており
全2巻で最低5000円はすると思われます

少年誌のソフトエロ漫画では定番のルナ先生です
先にあぶない!ルナ先生全1巻が出ており
こちらはそれとほぼ同じ内容で全5巻まで出ました
内容は主人公の先生がエッチな授業で勉強を教えてくれるもの
全5巻まで出ましたが有害図書指定にあってしまい絶版になりました

こちらも上村作品の1+2=パラダイスです
主人公に双子のヒロインがお嫁さんにしてとエッチに迫ってくる!
という羨ましい展開になっております
ついでにこの作品、全5巻になるはずなのですが最終巻が発刊されませんでした
89年以降の有害コミック騒動で発禁になったのです
しかし、95年に序ノ口譲二のあの作品も刊行された松文館によって
成年指定でめでたく復刻しました!

何を血迷ったのか、あの超有名な少女漫画であるキャンディキャンディ作画のいがらしゆみこ
NHKのドラマや映画の脚本、小説などを手掛ける井沢満
何とも考えられない2人が描いたソフトエロ漫画である

Oh!透明人間ばかりが有名で注目されがちな中西作品ですが
それ以外の作品も結構あるんです

修羅の刻で有名な作者のデビュー作
現在の川原作品では考えられないほどお色気描写は強い

80年代の月刊ジャンプと言えばこの人ではないだろうか
背表紙の文字がエロ漫画特有のショッキングピンク色である

代表作ゴットサイダーなどの巻来功士の初期作品である
サイボーグのヒロインが復讐のため戦うエログロな展開のためか
読者に受け入れられず10週で打ち切られた作品
ヒロインが服の下どころか肌の下まで見せてくれます

これ自体かなり性描写が多かったのだが
9巻では表紙の過激さから表紙絵が差し替えられたのは有名


ウィングマンでデビュー、SFモノを描いていた桂正和だが
ウィングマン以後の2作品は短期打ち切りを喰らってしまう
そこで恋愛漫画を描こうということで連載したのがこれ!
桂正和の代表作であり、恋愛漫画の出発点である電影少女である

こちらは桂正和の特徴であるSFが完全に抜かれた恋愛漫画
しかし代表作としての評価は高い
因みに1・3・8・11巻の表紙は何度か描き直されており
版数によって表紙が違うとか

たぶん月刊ジャンプのソフトエロ作品群の中でも
最もプレミアが付いている

ジャングルの王者ターちゃんなどで有名な作者のデビュー作
多数の下ネタとお色気描写を含めたギャグ漫画
もっこりを普及させた漫画でもある

  • 1
  • 2